2020年02月23日

港区高輪図書館の生活セミナーが22日(土)、「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜」として開催された。


港区高輪図書館から依頼されていた生活セミナーの「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜」は、前日(21日)秋田からの帰りの新幹線の中で担当の竹田泉さんから電話をいただいた。

予定通り実施するのでレジュメがあれば送ってほしいとの云うものだった。
明日のセミナーは実施するのかと云う問い合わせもあり、30名の募集のところ33名が来ているという状況だった。

当日は、資料を持って、図書館のある高輪コミュニティーぷらざ に1時間前に着いたので、 2階のレストランでランチをと店に入ったら、手を振る人がいて、よく見たら、大船の江戸東京野菜コンシェルジュ・木梨峰夫さん。何かお手伝いをすることがあればと云ってくれた。





1-1.JPG

講演の時間は2時間だが、中程で10分の休憩をとってくれと云う。

上の画像をタツプする

港区にお住まいですと、東京の農業についてはご存じない方もいらっしゃるかもしれないので、まずは、東京の農業について説明を行った。
都市農業としての23区内、北多摩、南多摩の農業、
中山間農業の西多摩奥多摩では奥多摩ワサビ、五日市ののらぼう菜、
洋上1千キロの小笠原諸島では、亜熱帯の作物も栽培されている。

東京都中央卸売市場に入荷する野菜の殆どが、東京で栽培されている。

また東京の農業には歴史もある。
大政奉還により、大名たちは国元に戻ってしまった明治の初期、
空き家になった大名屋敷は牧場になり、
イギリス大使館(千代田区)のところ坂川當晴の牛乳舗があった。

千代田区には14、中央区には15、そして港区には29の牧場があった。

皆さんがお住いの港区にこんなにあったことに驚かれた反応があった。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等