2020年03月09日

江戸東京野菜のタネを守ろうと「江戸千住葱保存会」が結成された。


江戸東京野菜の千住一本ネギは、現在足立区立の小学校5校で栽培しているが、タネは農業生物資源研究所に冷蔵保存されていた千住ネギと、浅草葱善が、明治18年、創業した田中善太郎から代々受け継いできたタネの2系統ある。

浅草葱善の四代目田中庸浩社長が守っている千住ネギは、江戸時代より伝わる伝統的な「千住系根深葱(長ネギ)」のタネ(固定種)だ。

千住一本ネギは2014年に江戸東京野菜推進委員会で江戸東京野菜に登録されている。

2015年9月に、足立区農業委員会の指導で足立区の3校が千住ネギの栽培を始めた。その年、足立区興野の農業委員・内田宏之さんは、5月から江戸千住の栽培を始めていた。






1-1.JPG

田中社長は江戸千住ネギを、東京で栽培したいと生産者を探していたが、縁があって内田さんが栽培してくれることとなった。
2016年更科堀井冬の会の千住ネギは、内田さんが栽培した江戸千住ネギだった。

練馬の井之口喜實夫さんは、これまでも自家用にネギの栽培をしていたことから、内田さんが栽培している江戸千住の話をしたら、江戸東京野菜のネギなら栽培してみたいとなったもので、井之口さんは2017年から、栽培に取り組み始めている。

上の画像をタップする



続きを読む