2020年03月26日

読売新聞夕刊に、月曜日から連載の「しあわせ小箱」に江戸東京野菜講談の田辺一乃さんが連載。


読売新聞(東京版)の夕刊に人気の連載記事「しあわせ小箱」(23日〜27日)に、下町の講談師 として、真打の田辺一乃師匠が連載されている。

読売新聞では昨年の8月に 編集局社会部 江東支局の田中文香記者が取材に来ていて、後日、「江戸東京野菜の魅力を伝える」「おいねのつる芋等創作16席、リズミカルに」を掲載いただいたが一乃師匠の話を聞くにつけ、書ききれなかった分を "下町の講談師" に書いている。



1-1-2.JPG

23日が ”「生きるヒント」は寄席に”
前職は人事院勤務の国家公務員。
師匠一鶴の持ちネタ、56年前の東京オリンピックを語る。

24日が  “新入生 実は師匠の勘違い”
人事院に採用され、子どもを連れて仙台に2年間の赴任生活。
取材に行った田辺一鶴師匠の講談教室でその話芸にひかれ、

25日が “公務でも目の覚める話芸” 
人事院の仕事でも話芸を活かす、2008年に早期退職し、講談師に

26日が ”台本に託す「共助」の教訓”
師匠一鶴の死で、姉弟子一邑さんに引き受けてもらった。
「まずは台本を百席書け」と口酸っぱくしていた一鶴さん。

27日最終回は、"最高のウソまだまだ語る" が掲載された。
江戸東京野菜の「家斉公と三河島菜っぱの河童」を創作。

創作講談にも力を入れ
江戸東京野菜講談等持ちネタは200席を超えた。

posted by 大竹道茂 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介