2020年04月11日

収穫に忙しいのらぼう菜の東京の産地五日市の「のらぼう部会」に、関係者たちの視察が訪れている。


東京ではあきる野市五日市で栽培が始まった”のらぼう菜” は今が盛りだが、この ”のらぼう菜” 江戸時代に幕府が武蔵の國の中山間地区に、タネを配った。
東京以外には、埼玉県と神奈川県に産地がある。

JA秋川では、HPにのらぼう菜の歴史を掲載している。


五日市ファーマーズセンターあいなに出荷する生産者で組織する「のらぼう部会(乙戸博会長)」では、2月22日に、「伝統野菜プロジェクト」の皆さんと、3月23日には、神奈川県の産地、川崎市多摩区菅の「かわさき "のらぼう” プロジェクト」の方々の視察を受け入れた。





1-1.JPG

「伝統野菜プロジェクト」は、草間壽子代表 (食生活ジャーナリスト・江戸東京野菜コンシェルジュ)、江戸東京野菜取扱店・果菜里屋の高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)、御倉多公子さん(園芸研究家・江戸東京野菜コンシェルジュ)、領家彰子さん(フードコーディネーター・栄養士)、脇ひでみさん(食生活ジャーナリスト)、村野恵子さん((独)農畜産業振興機構)の皆さん。

上の画像をタップする
乙戸会長は、旧五日市町の留原地区と伊奈地区の栽培圃場に案内し、
質疑応答を行っている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達