2020年04月14日

新宿区立柏木小学校に着任された竹村郷校長から地元柏木の江戸東京野菜「鳴子ウリ」栽培継続の電話をいただいた。


新宿区立柏木小学校に着任された竹村郷校長から電話をいただいた。

柏木小学校には2012年に齋藤等校長にプレゼンをして2013年から
地元の江戸東京野菜「鳴子ウリ」の栽培が始まった。
2014年には、佐藤郁子校長が着任し、
2019年度まで6年間取り組んできたが、今年3月に転勤された。

後任の校長先生に、プレゼンをしなければと思っていたが、
先日、柏木小学校に着任した校長先生から電話をいただいた。

竹村とおっしゃったが、型どおりのご挨拶の後
いただいた電話だったが、一瀉千里、柏木小学校における
鳴子ウリの取り組みの経過について申し上げた。
今や地域に広がっていることも。

ひと呼吸したところで、
竹村校長から、「大竹さんには前にお会いしてますョ、お忘れですか!」
と、云われてしまった。失礼しました!!。




1-1.JPG

上の画像をタップすると YouTubeへリンクする

云われてすぐに思い出した。
神宮外苑に近い港区立青山小学校の副校長として
屋上に20種以上の野菜を栽培した先生で、2013年に何度か伺い、

動画配信をするフードボイスを連れて行って、
当ブログのトップページの動画欄に「青山小学校の屋上農園」
のバナーを貼っていた。

そもそもは、2012年の暮れに、品川神社で行われた品川カブの品評会で
竹村先生にお会いしたが、そのご縁で、小平の宮寺光政さんの畑に、
生徒を連れて見えた
ことからご縁が広がったもの。

2013年8月には、第20回コカ・コーラ環境・教育賞を受賞、

9月にはNews Tokyoのでも細川奈津美記者を案内している。

2014年2月には、朝日ベルマール賞を受賞している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種