2020年05月06日

江戸城 濠大根の花が咲き、ミツバチのおかげでたくさんの莢が実った。


江戸城 濠大根の花が、
練馬区大泉の畑で満開だと、4月初めに紹介したが
あれから1ヵ月、花は咲き続けこんもりとした小山になっていて、

生産者の渡邉和嘉さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が飼育している、
ミツバチがせっせと蜜を集め受粉を手伝っているから、
莢が美味しいと、前回は紹介したか、莢の中の種も固まりつつある。





1-1.JPG

この江戸城 濠大根は、昨年の9月に播種したものだが、

上の画像をタップする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸城 濠大根