2020年05月12日

内藤カボチャの苗を、渡邉和嘉さんから受け取り、西新宿小学校に届けてきた。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が、
地元新宿の伝統野菜の内藤カボチャを
毎年総合の時間で栽培し、調べ学習などしているが、

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐために、
学校の長期休校が続いていて、長井校長ともご相談をさせて頂いて

いつ授業が始まってもいいように準備をしておくとゆうことで、
例年定植をする時期に、西新宿小学校にお持ちした。





1-1.JPG

東京都庁のツインタワーが間近に見える西新宿小学校に持参して
担任の吉田順子教諭と川崎香澄教諭に手渡して、すぐ失礼した。

苗は6鉢で、後は、同校で採種したタネを播種することになっている。

上の画像をタップする。
両教諭は、初めてなので、定植方法や管理の仕方などは、
梶谷正義先生に相談するようにお話をした。


続きを読む