2020年06月16日

井之口さんの初夏産キャベツは、梅雨に入り、ほぼ収穫は終わろうとしていた。


練馬で、江戸東京野菜を栽培している井之口喜實夫さんは、東京を代表するキャベツ栽培農家で、5月中旬に出荷を待つ初夏産キャベツの畑を取材している。

6月になってから、早稲田ミョウガの生育状況を見に伺った時に、キャベツをお土産に頂いた。




1-1.JPG

関越自動車道に入る手前の目白通り沿いにある、

既に収穫が始まっていることが分かったので、先日、畑の脇を通りかかったら7割がた収穫は終わっているが、収穫の規格に達していないものが、点々と収穫された中に残っている。

上の画像をタツプする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達