2020年06月19日

国分寺市で馬込半白キュウリを栽培する濱仲充さんを訪ねて話を伺った。


馬込半白キュウリが収穫期を迎えた。
これまで国分寺では、小坂良夫さん、中村克之さんを紹介してきたが、

先日、果菜里屋の高橋さんに濱仲充さんを紹介したら、
仕入れてきたと報告があった。

国分寺市の馬込半白キュウリの栽培グループは、
平成10年頃から取り組んでいて、濱仲さんは、そのメンバーの一人。




1-1.JPG

11時頃に伺ったが、一度収穫した後だったのが、収穫は少なかった。

上の画像をタツプする
採種用の半白キュウリも見せてくれた。
袋を破って大きくなっていたが、
種が固まるには2週間ぐらいかかるだろうか。

この時期、馬込半白キュウリ以外には、
交配種のキュウリ、トマト、根深ネギ、玉ねぎ、ジャガイモ、
メロン、ナスなどを収穫しているという。

特に、濱仲さんのナス栽培には定評があり、
平成27年(2015)第44回東京都農業祭・技術圃場の部(立毛品評会)で、
“ナス”(棘なし千両2号)で、農林水産大臣賞を受賞している。

立毛は、果実だけではなく、畑の状態や、栽培管理の様子までを
審査対象になるから厳しい品評会だけに、受賞はすごいことだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達