2020年07月31日

神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所の原研究課長に鎌倉大根の写真を送っていただいた。


今年も、鎌倉の由比ガ浜には、鎌倉大根の花が咲いたと、
鎌倉の花村勝男さんが写真を送ってくれた。

鎌倉の佐助稲荷に伝わる、鎌倉大根の伝説と発見については
、昨年鎌倉のロータリアンの皆さんに
お話しをさせていただいたことから、皆さん興味を持ち始めていた。

12月には、第5回鎌倉大根収穫祭では、
興味を持った市民の方々が大勢来てくれた。

鎌倉市農協連即売所で鎌倉大根の販売をしている、
鎌倉の山森ファーム・山森金雄さんは、採種もしてくれている。

今年は、新型コロナウィルスの感染拡大から、
各種のイベントが中止になってしまったから、
今年になって一度も鎌倉にはいっていない。

そんな中で、神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所
原康明研究課長は、センターの圃場で
鎌倉大根の栽培研究をしてくれている。





1-1.JPG

原課長とは、2015年8月に鎌倉大根の講座で初めてお会いしている。

以来、研究者の立場で、ご支援をいただいている。

原課長からメールには
「鎌倉大根は1回目の選抜を実施しましたが、三浦半島の土壌ではクリーニングクロップで肥料分を抜いておかないと選抜や採種がうまくいかないことがわかりました。」

元来、砂浜に生育している大根だからでしょうか

上の画像をタップする
1選抜圃場の写真 
右:由比ガ浜の
海岸から採種したものは発芽が不ぞろいで発芽率も低い

中:佐助の福来鳥の畑で選抜したもの、生育揃いは改善

左:会員の笹野さんが選抜したもの、かなり大株。選抜の効果か


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説の鎌倉大根

2020年07月30日

「深大寺蕎麦 門前」が、新型コロナ対策として店の周囲に植木が配置されてオープンエアに。


先日「深大寺蕎麦門前」の店主で深大寺一味会の浅田修平副会長
にお会いした。

今年は、新型コロナウイルスの感染から、三密にならないように、
各種のイベントが中止になっている。

調布の深大寺が開創以来はじめて山門閉鎖で拝観停止
なってしまったのは、
4月25日からで、6月1日の開門まで37日間だった。

浅田さんが「昭和30年代の深大寺散歩 山門周辺」のタイトルで、
Zoomで案内されたことは、当ブログで紹介している。





1-1.JPG

浅田副会長が、店の前で待っていてくれたが、
何か雰囲気が違うと思ったら、お店の様子が変わっていた。

浅田さんによると、閉門になったことから新型コロナ対策として、
オープンエアにしたと云う。

店の周囲に植木が配置されて、棚からは瓢箪がさがっていた。

お土産が並んでいた店先は、何か落ち着いた雰囲気で。
お客さんの入りも違うという。

上の画像をタップする
それまでの店先(写真右上)、昭和30年代の門前は、また違う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2020年07月29日

新潟の郷土蕎麦だという "へぎ蕎麦" の店が新宿にあり、気になっていたので暖簾をくぐった。


新宿区立の西新宿小学校と柏木小学校には西武新宿から
歩くことにしているが、その途中に「へぎ蕎麦」の店があり、

店の前に食べやすそうに蕎麦がきれいに並んでいるので
気になっていたが、
先日、柏木小学校の帰りが、昼だったので寄ってみた。

新潟県十日町が発祥の地で、十日市は着物の一大産地。
海藻の布海苔(フノリ)は着物づくりに欠かせない素材として
昔から使われてきた。

後で知ったことだが、
十日市では、小麦が採れなかったので、蕎麦の繋ぎに、
ヤマゴボウの葉や、自然薯などが使われていたそうだが、
身近なフノリを使ったら、ツルっとした食感が好まれたという。




1-1.JPG

何で「へぎ蕎麦」と云うのか、
木を剥いだ、剥板で作った器に盛って出されることから
その名があるという。

店内は、昼時だが一組の客がいるだけだったが、
離れた席に座った。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2020年07月28日

28日(火)に、日本経済新聞朝刊の最終面「文化」のコーナーに大きく「江戸東京野菜を復活」として掲載されていた。



4月25日に日本経済新聞朝刊が、新書・文庫のコーナーで
「江戸東京野菜の物語」の書評を掲載してくれたが、
その後、書評を書いてくれた光井友理記者が、
訪ねてくれたことを紹介した。

今朝、近くのセブンイレブンで、28日(火)の日経新聞朝刊を買って。
最終面「文化」のコーナーに大きく「江戸東京野菜を復活」が・・・



1-1.JPG

既に、書評は掲載されているので、
今回は、取り組みの内容を書いたのを掲載してくれた。

日本経済新聞電子版にも掲載されることのようだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年07月27日

お土産にもらった檜原村の「おいねのつる芋」を早々と収穫した。


練馬の村田農園で江戸東京野菜を栽培している
渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)が、
「おいねのつる芋」を収穫したと、写真を送ってくれた。

檜原村で栽培されている「おいねのつる芋」の収穫は
8月になってからで、うちのもまだ収穫していないというのは、
白岩ウリの普及をしている鈴木留次郎さん。

そもそも、おいねのつる芋はどのように入手したのかを聞くと、
昨年の7月に、森川洋一さんと、此松陽子さんが企画した
KONOCAFEで講師を務めたときに、お土産にもらったものとか、

もらってきた、おいねのつる芋を、7月に秋どりのジャガイモと
一緒に定植したが、おいねのつる芋は3週間たっても芽が出ないため、
休眠中と、掘り起こして春まで保存したと云う。






1-1.JPG

今年になって
種芋を、採るために渡邉さんは6個の “おいねのつる芋”から
収穫した写真を撮って送ってくれた。

上の画像をタップする
小ぶりに作るために、芋から出たすべての芽を欠かずに、
定植したものただから、小ぶりの芋ができ、
正解だと渡邉さんの感想だ。


追録

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2020年07月26日

「あべよしこのおうちごはん」で、人気のお弁当やお惣菜を作っている安部さんを紹介された。


先日、柏木小学校の屋上農園を見せてもらったことは報告したが、

収穫した野菜を美味しく食べることを、
料理人に協力してもらったりもしていて、青山小学校の頃から
イタリアンの神保佳永シェフとはお付き合いがあるようだが、
最近は「あべよしこのおうちごはん」で、お弁当やお惣菜で、
人気の安部剛子さんが、情報を発信しているとお聞きしている。

恵比寿にあるお店を、ネットで見ると
「旬の食材に、薬膳の要素をプラスした安心・安全な
お弁当や、お惣菜が頂けます。」とある。

新型コロナウイルスで、飲食店はどちらも苦境に立っているが、
テイクアウト専門店なので、
特に健康志向のお客さんが詰めかけているようだ。





1-1.JPG

そんな安部さんて、どんな方なのか、検索してみた。

プロフィールには、
1975年山形県東村山郡山辺町生まれ。
文化服装学院スタイリスト科を卒業後、タレントのスタイリング等
を経てフードスタイリストとなる。

2000年に結婚し、子育てに専念するが、
母親がおでんを炊飯器で作ってくれたことをきっかけに、
炊飯器料理の研究を始め、料理家として本を出版。
とあった。

上の画像をタップする
屋上菜園には、安部さんも初めて来られたようで、
スタッフの皆さんも本格的な栽培に、驚いておられた。

 

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の飲食関係

2020年07月25日

青味・風味・涼味の三拍子揃った "旬”の漬物として好まれた、東京大越ウリが収穫期を迎えていた。


練馬の村田農園で江戸東京野菜の採種に取り組んでいる
渡邉和嘉さん(江戸東京・伝統野菜研究会副代表)が栽培している、

東京大越(とうきょうおおしろ)ウリが、
収穫の時期を迎えていて、いくつも実っていたので、
毎回、更科堀井の四季の会でお会いしている、
芳子さんに云って、分けてもらった。

大越瓜は江戸時代から作られていたが、
明治以後、豊多摩郡野方町(現在の中野区野方・鸞の宮)の篤農家が
改良して、東京大越ウリが生まれた。

その後、練馬や滝野川方面に伝わると、
滝野川の種苗商によって、全国へと広められていった。





1-1-2.JPG

芳子さん曰く、昔は ”イタチウリ” と云ってよく作ったという。

”イタチウリ” と云われたのが気になって調べてみた。
何でも下板橋から伝わった早生のシロウリで
“いいたち” 良い質の意味から、”イタチ” と云ったとか、

上の画像をタップする
鳴子ウリや内藤カボチャ、雑司ヶ谷カボチャの採種も行っているが、
今年は雄花と雌花の同時に咲くタイミングが悪かったり、
長雨の中で花粉のつきが悪くて、実りが少ないが、
東京大越ウリは、実のつきが良い。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2020年07月24日

江戸東京野菜の、鳴子ウリに寺島ナスも収穫期を迎えていた、新宿区立柏木小学校の屋上農園


江戸東京野菜の鳴子ウリの栽培を続けてきた、
新宿区立柏木小学校の竹村郷校長が屋上で
江戸東京野菜をはじめとする野菜栽培を始めたことは、
当ブログで紹介した。

竹村校長は、江戸東京野菜を始めとする農業と云う広いスタンスで、
今年は5年生を対象にした授業をお考えだと伺っていた。

5月に伺った後、長雨の中で作物の状況を見せてもらいたいと、
電話をして伺った。





1-1.JPG

竹村校長の取り組みに呼応した栄養士の岡庭さん(写真右)と、
家庭菜園が趣味の調理のチーフ河口さんが協力して、
袋詰めした土を屋上まで運び上げたと聞いている。

上の画像をタップする
給食室のメンバーの皆さん。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年07月23日

東京都市大学付属小学校が実施するミクニレッスン、今年もお手伝いをさせていただく。


東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長)で実施している
三國清三シェフによる「ミクニレッスン」には、
第1回からお手伝いをさせて頂いているが、今年で10周年を迎える。

新型コロナウィルス感染拡大を防ぐため
長期臨時休校を余儀なくされたことから、
三國レッスンも、7月6日の「五味体験」から始まったようだ。




1-1.JPG

ミクニレッスンをプロデュースしている
豆豆社の松木直也社長(写真右)が、
同校と打ち合わせをした結果を伺った。

江戸東京・伝統野菜研究会では、宮寺光政さんと対応します。

上の画像をタップする
あくまでも予定だが、9月は 保護者参観で 
●「東京の野菜
(美味しいって何?三國シェフの料理を食べてみよう!)」
東京でつくられている野菜などの種と野菜を見ながら、旬を学び

@ 東京の食材(プライス)を学びます。
三國シェフの料理を、児童、保護者に食べていただきます。

11月は
●「秋の種まき」(調理実習でつかう野菜を育てる)
ベランダに農園をつくり、
1月の調理実習で使用する野菜の種まきをします。
(今年度は、スイスチャード、水菜、レッドロメインレタス、
東京べかな、金町こかぶ、二十日大根を予定しています)

1月は 保護者参観で 
●「調理実習」 児童たちと三國シェフが一緒に育てた野菜など、
東京の食材をつかって調理実習をします。
A できた料理はテーブルセッテングをして
保護者にも食べていただきます。

3月は 保護者参観で
●修了式 (ミクニレッスンのまとめ)
児童全員に修了書が三國シェフより手渡されます。
そして記念品が渡されます。


尚 授業は令和2年度都市農業機能発揮支援事業(農林水産省)
を実施する都市農地活用支援センターから「アドバイザー」として
派遣される予定だ。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2020年07月22日

私立成蹊小学校では、9月から、江戸東京野菜の栽培授業を検討している。


今年の2月に、私立小学校の社会科の先生方で組織する
「東京私立初等学校協会の社会科研究部」から依頼されて、
練馬区立野町の井口良男さんの畑に、ご案内したことは紹介した。

私立小学校の近くにある農家を紹介してほしいというので、
東京の代表的な農家の一軒・立野町の井口さんの畑の向こうに、
成蹊大学があるのを知っていたから、
事務局の先生にお伝えして同校で実現した。

井口さんの畑に近いご縁を生かして、
江戸東京野菜の栽培をお願いしようと考えていたが、
成蹊小学校の先生 からメールをいただいていたので、
こちらの思いをお伝えしたところ、
山本剛大教諭からメールをいただいた。

成蹊小学校では、栽培学習に力を入れていて、
その中で、”地の品種の野菜 ”にこれからシフトしていこうと、
江戸東京野菜の栽培を検討していたとのこと、

早速メールでのやり取りから、同校に伺うことになった。





1-1.JPG

伺うにあたって同小学校のOB升本喜就さん(写真右)をお誘いした。

同じ世代で、江戸東京野菜にも注目していただいているので
気安く、お誘いをしてしまったもの。

小学生の頃は、電気好きの少年だったそうで、
今でいう電気の「博士ちゃん」で、成蹊大を卒業してNECに入社し、
一貫して衛星に搭載する機器やシステムの設計・開発に従事、

衛星開発に携わったという方で、小学生の頃の夢が、努力の結果、
実現したことを、生徒たちに伝えることも重要なことで、
授業で生かせないかと山本先生に紹介した。

授業は、9月になってから、
同校のホールで江戸東京野菜の物語をお話し、
その後、升本さんの授業と云う段取りを、山本先生に提案した。


追申

挨拶代わりに「江戸東京野菜の物語」を山本先生にも差し上げた。
新聞各紙が過分なる書評を書いてくれたが、
20日のfacebookでは、味の素食文化センターが紹介してくれた。

尚 授業は令和2年度都市農業機能発揮支援事業(農林水産省)
を実施する都市農地活用支援センターから「アドバイザー」として
派遣される予定。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年07月21日

足立区立栗原北小学校で4年生が実施している「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が先日行われた。


足立区立栗原北小学校(吉田益巳校長)で4年生が実施している
「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が先日行われた。

千住ネギの栽培授業は、農業委員会(荒堀安行会長)が指導して、
2015年の初年度から取り組んでいて、今年で6年目を迎える。

今年は、新型コロナウィルスの感染拡大から長期臨時休校もあり、
授業は遅れていたが、足立区立で実施している5校の内、
保木間小学校千寿双葉小学校に次いで伺った。

同校では、毎年体育館で開催していたが、
今年は「密」にならないように校庭で行った。






1-1.JPG


授業に先立って、表彰式が行われた。
これは、足立区伊興地区での青少年のよい行動を称える顕彰で、

栗原北小学校が「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」を
継続して取り組んでいるとから、

団体として、足立区長、足立区教育委員会の連名で、
伊興地区対善行青少年顕彰として受賞されたもので、
吉田校長から説明と共に、昨年栽培した5年生代表に手渡し、
これから栽培する4年生に報告した。

上の画像をタップする。



続きを読む

2020年07月20日

しんぶん赤旗 学術文化部の山沢猛さんから江戸東京野菜の物語が掲載された同紙が送られてきた。


しんぶん赤旗 学術文化部の山沢猛さんから
「江戸東京野菜の物語」を紹介した同紙(100万部発行)が届いた。

山沢さんに、先月の末に取材を受けたのは紹介したが、
山沢さんには2時間ほど、いわゆる江戸東京野菜の物語を
お話ししたことから、早稲田ミョウガの発見や、
砂村一本ネギの種の贈呈式が、
足立区で千住ネギを栽培する学校に伝わったことなども
紹介してくれた。






1-1.JPG


掲載紙の8面を開いてみると、
「本と人と 伝統野菜の再発見ドラマ」
『江戸東京野菜の物語』〈平凡社新書〉大竹道茂さんとあった。

追申
これまで、紹介してくれた各紙。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年07月19日

都市農地活用支援センターの会議が13日(月)、ZOOMを用いてオンラインでの参加を可能とした。


一般財団法人都市農地活用支援センターが実施する、
都市農地に関する情報交換会及び
「農」の機能発揮支援アドバイザー派遣事業説明会が13日(月)、
タイムシェアリング秋葉原を会場に行われた。

今年は新型コロナウイルス感染対策が求められる中で、
会場では参加者の感染症対策を十分に行い、入場制限を行うと供に
ZOOMを用いてのオンラインでの無料参加を可能とした。





1-1-1.JPG

先日、事前の会議を行った事は、報告したが、
指名されたときにスムーズに、応えることが出来るか、
開会前に、事務局に電話をして
セッティングについて調整を行った。

上の画像をタップする
13時、小谷俊哉主任研究員の司会進行で始まつた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2020年07月18日

先日、聖教新聞学芸部の稲沢友之記者から掲載紙が送られてきた。


6月中旬に、国分寺市の濱仲充さんが栽培する、
馬込半白キュウリの様子を取材させていただいたことは、
当ブログで紹介した。

当日、聖教新聞の稲沢友之記者(学芸部)から取材を受けたが、




4-0.JPG

7月14日の文化Cultur のコーナー「ヒューマン」で
地域の”おもてなし” 江戸の食文化を 島に伝える野菜たち
として紹介してくれた。「江戸東京野菜の物語」刊行のことも。

上の画像をタツプする
稲沢記者ありがとうございました。

追申
早稲田鶴巻北町会の大山峻会長から電話をいただいた。
町会の方が、早稲田ミョウガが書いてあると同紙を届けてくれたと、
喜んで電話をくれたものだが、同紙から話題は広がっているようだ。

posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年07月17日

新宿区立西新宿小学校の5年生が毎年取り組んでいる、内藤カボチャの栽培授業がようやく始まった。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が取り組んでいる、
内藤カボチャの栽培授業がようやく始まった。

新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことから、
長期臨時休校が行われたことから、授業が遅れていたが、
内藤カボチャの苗は、すでに定植されていて、
内藤カボチャについての調べ学習も始まっているようだった。





1-1-2.JPG

上の画像をタップする
授業は、吉田順子教諭、川崎香澄教諭の指導で
1組、2組が合同して体育館で行ったが、マスクをつけて、
ソーシャルデスタンスをとって行われた。

生徒達は盛んにメモを取っていた。

内藤カボチャは、新宿御苑が、信州高遠藩の藩主・内藤清成の
下屋敷地だったが、広すぎて現在の玉藻池のある辺りが屋敷で、

広い屋敷地にはたくさんの小作を入れてカボチャや、トウガラシを
栽培していたものだが、大政奉還により内藤家は屋敷地を政府に返し、
その後、屋敷地は内藤新宿農事試験場(御苑の前身)となった。

内藤家の小作人たち家族は、青梅街道を淀橋方面と
甲州街道を角筈方面に移り住んだ。
同校の地域は角筈(つのはず)と云われたことから角筈カボチャ
と呼ばれていた。



続きを読む

2020年07月16日

大泉の加藤晴久さんが東京べか菜を収穫していたので分けてもらった。


加藤晴久さんが、東京べか菜を栽培していた。
東京べか菜は、トキタ種苗が販売している固定種た。

べか菜は、漬け菜の一種で不結球白菜の山東菜の中から選抜された。

現在の江戸川区の葉物農家が主に栽培していたが、
小松菜のごせき種苗が選抜した、ごせきべか菜は、
日本農林社が種を販売している。

山東菜は、明治時代の初期に中国山東省から導入されたもので、
導入当初は、江戸川では大型の山東菜を栽培していた。

若採りの山東菜をべか菜と呼んでいる。
べか菜の「べか」は、ベカ舟から来ていて、
小型の形状を意味している。

べか舟とは、のり採り舟のことで、長さ12尺(3.6メートル)
幅2尺8寸(84センチ)位の薄板で造られていた。






1-1.JPG

東京べか菜の収穫を始めたところを、分けてもらった。

上の画像をタップする
東京べか菜は癖の無い味わいだから、納品先を伺ったら、
地元の中華料理店「八」の店主高野宰さんが購入するという。
(03-6311-0672)
高野さんは、生産者の顔が見える食材にこだわっている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2020年07月15日

リモート会議の後、更科堀井「四季の会」の実施に向けた準備の打ち合わせを行った。


更科堀井で実施してきた「四季の会」は、2月に冬の会を実施したが、新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、
5月11日、12日に開催予定だった「春の会」は、
都立校の長期臨時休校の情勢下、感染拡大の傾向で中止となった。

先日、四季の会を実施している、
江戸ソバリエ協会のほしひかる理事長、
あとりえグーを主宰する林幸子先生、更科堀井の堀井良教社長、

が、夏の会の実施などについてFacebookのリモートで打ち合わせ
行ったことは、紹介している。






1-1.JPG

その後、再度、会って話したいと云うことで、

上の画像をタツプする
参加したのは、
堀井良教社長、ほしひかる理事長、林幸子先生、河合孝義料理長で、

「夏の会」に生産される江戸東京野菜につい報告した。
リモート会議で報告した中で、林先生がメニューに選んだ野菜は、

内藤カボチャ、雑司ヶ谷カボチャ、千住ネギ、奥多摩ワサビ、
谷中生姜、八王子ショウガ、寺島ナス、雑司ヶ谷ナス、お稲の都留芋
八丈オクラ、内藤トウガラシ(青)、が選ばれ、メニューが決定される。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2020年07月14日

足立区興野で本田ウリを栽培している内田宏之さんに、初物の本田ウリをいただいた。


足立区興野で本田ウリを栽培している内田宏之さんに、
初物の本田ウリをいただいたことは、先日報告したが

足立区立の千寿双葉小学校で「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が行われたときに、内田さんは校長室で三宅校長に、本田ウリを差し上げた。

三宅校長もずっしりとしたウリを興味深くご覧になっていたが、
内田さんが説明をされていた。




1-1.JPG

内田さんのお宅では、昔から栽培されていて、
これを食べないと夏が来た気かしないと云っておられたが、
2009年に江戸東京・伝統野菜研究会として確認した。

その後、2010年にはNHKニュース7で紹介されている。


2011年(平成23年) 江戸東京野菜推進委員会が、
JA東京中央会に設置されたが、
当時、江戸東京野菜として、22品目が登録され、
その一つが「本田ウリ」だった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 11:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2020年07月13日

足立区立千寿双葉小学校の4年生が実施する「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が、足立区農業委員会の指導で実施された。


足立区立千寿双葉小学校(三宅文夫校長)の4年生が実施する
「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が、
足立区農業委員会の指導で実施された。

農業委員会事務局の足立区農業振興係の築出大典さんからは、
前回実施した保木間小学校と同じように
校庭で実施すると聞いていたが、
当日は雨が降っていて体育館で実施することになった。

従って、パワーポイントで行うというので持参した。






1-1.JPG

三宅校長先生は、
千住ネギの授業はただ千住ネギを栽培するだけでなく
来年の今頃、4年生に、千住ネギの種を伝達するという、
大事なミッションがありますと、生徒たちに伝えた。

上の画像をタツプする
足立区農業委員会では小学校での取り組み
「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」としてのパネルを作っていて、

「種の伝達式」「種まき(7月上旬)」「定植(9月中旬)」
「土寄せ(10月上旬)」「収穫(12月上旬)」「種取り(翌5月頃)」
実ったネギ坊主から種を取り、
翌年の4年生に種の伝達を行うと云う、サイクルとなっている。

一年を振り返って、子どもたちの感想も、掲載しているが、
一年の成果として、企画サイドの思いは、
生徒たちに伝わっている。





続きを読む

2020年07月12日

西新宿小学校の内藤カボチャの栽培の様子と授業の進め方について担任の教諭にお伝えした。


新宿区立西新宿小学校(長井満敏校長)の5年生が、
毎年栽培している江戸東京野菜の内藤カボチャの授業については、
5月の連休明けに、苗の定植から始めている。

今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことから、
東京都では長期臨時休校が実施されたことから、
復活栽培の授業は延び延びになっていた。

ようやく今月中に授業が可能となったことから。
同校に伺って、吉田順子教諭と川崎香澄教諭に
授業の持ち方につてい、昨年までの様子をお伝えした。




1-1.JPG

同校は、東京都庁に一番違い学校で校庭からは、ツインタワーが望める

上の画像をタツプする。
校庭の西側には、コンサートホールや美術館が入る
複合施設の東京オペラシティがそびえている。


続きを読む