2020年07月09日

7月18日開催の講座「ベテラン農家は語る」で檜原村の鈴木留次郎さんに、お話しの要旨を伺った。


7月18日に江戸東京野菜コンシェルジュ協会が開催する
講座「ベテラン農家は語る」で
檜原村の鈴木留次郎さんにお願いしていることから、

JAあきがわで打ち合わせをしようと、車で家を出たが
少し早めにつきそうだったので、
途中の、秋川ファーマースセンターに寄ってみた。

毎年、この時期、秋川ファーマースセンターから、
五日市線の秋川駅に向かう五日市街道沿いの台地は、
トウモロコシ街道としてにぎわう。





1-1.JPG

秋川ファーマースセンターも毎年7月の上旬の土日に
「とうもろこし祭り」を実施していたが、
生憎の新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐために11日、12日に
予定されていた祭りは中止になってしまった。

上の画像をタップする
トンネル栽培のトウモロコシは6月中に販売したが、
露地栽培は丁度収穫が始まったと云うことで、

トンネル栽培が終わり、
露地栽培がはじまるという谷間の端境期で、

トウモロコシの少ない時期だと云うことで、
「品薄状態」の文字。

9時からオープンしているファーマースセンターに、
私が来た10時10分前には、すでに売り切れていたが、
午後から再度入荷すると云っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業