2020年09月27日

深大寺在来そばの土寄せ作業は、台風の影響で遅れているが、白い花が咲き始めていた。


深大寺の第89世 張堂興昭住職と深大寺一味会の皆さんが、
深大寺に伝わる深大寺在来そばの種蒔きを、
8月30日に実施したことは紹介した。

その後、そばは順調な生育を見せているようで、
深大寺一味会の林田堯瞬事務局長から、
9月18日に「土寄せ」のご案内をいただいた。

9月23日(水)、24日(木)、25(金)の、午後3時30分〜4時30分
9月26日(土) 午前9時〜11時、で実施することになっていたが、

台風12号に伴う大雨の予報から、23日、24日は中止、
その後、台風は停滞していたが、
温帯低気圧になったが、25日、26日も雨で中止となった。

この先、こちらの予定が入っていたことから、
生育の状況だけでも写真を撮ろうと出かけた。





1-1.JPG

一味会メンバーの、冨澤功次さんの畑に向かった。
都立農業高校神代農場の横道から進んだところにある。

想像以上に生育していた。
手前から、白い花が咲いていた。

上の画像をタップする
そばの花には、霧雨がかかっていて、
連日の雨で、そばは更に伸びようとしていた。





2-1.JPG

張堂住職はじめ一味会の皆さんが播種した深大寺在来は
整然と並んでいた。

上の画像をタップする
圃場には、播種が途中までのところが数か所あり、
1週間後ぐらいに、改めて蒔いたようで、赤い茎が印象に残った。






3-1.JPG

第一圃場から、中央高速道路の池の谷橋を渡った南町2丁目の圃場も
順調に生育していた。

こちらの圃場は周囲を背の高い樹木で覆われたところがあり、
そのあたりは日陰になるのか、生育の遅れが数か所で見られた。

又、後から蒔いたのか、補植したような個所もあった。

上の画像をタップする






4-1.JPG

猛暑の中で蒔かれた種から発芽した蕎麦は、
霧雨の中で心地良さそうにしていて、
比較的ひらけた圃場の入り口付近は、白い花を咲かせていた。

上の画像をタップする

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2020年09月26日

砂村節成キュウリを日野市の直売所で購入したと、押上「よしかつ」の佐藤さんからメールを頂いた。


9月17日、押上「よしかつ」の店主佐藤勝彦さんからメールを頂いた。
「本日、日野市の直売所にて砂村節成胡瓜が販売されていました。
小池則行さん栽培とありますが、
ご存知の事あれば教えて頂けますでしょうか?

ちなみに大きさは5寸程で白イボ、
半白と緑が交雑したような色合です。」とあった。

小池さんは知らないが、袋には「日野万願寺直売所」とあるから、
JA東京みなみの日野市内の生産農家である事は確かだ。
ただ、生産者が砂村節成胡瓜と明確に書いているとなると、
どのようなことなのか、

砂村周辺の江戸川区の農家ならわかるが、
遠く離れた日野市となると、ルーツはわからなくなる。





1-1.JPG

そんなことを考えていたら、日が経ってしまい、
慌てて日野万願寺直売所に電話をした。
所長に代わってもらったが、河野さんだという。
もしかしたら現役の時にお世話になった河野一法さんかと、
お聞きするとそうだった。

そうなると話は早い、事情を話して、
小池さんの了解を取ってもらったので自宅に伺った。

上の画像をタップする
小雨が降っていたが、砂村節成キュウリの畑に案内してくれた。
既に枯れていたが、商品にならないものが生っていた。

今年は、5月27日にセルに播種して、68本を畑に定植した。
8月4日から出荷が始まり、9月20日頃まで直売所に出したという。
佐藤さんが購入したのは最後の頃だったようだ。




2-1-1.JPG

2010年だったか南多摩の普及員が日野市の生産者20〜30人を案内して、東京都農業試験場江戸川分場に行ったおり、
砂川節成キュウリの名札がついて栽培されていた。

もいで食べていいと云うので食べると、食感が良く栽培したくなり、
お願いしてタネを100粒ほどいただき、生産したいという
参加者3人で分けて持ち帰り、栽培が始まったという。

上の画像をタップする
F1とくらべると、とにかく収量が少ない、
しかし伝統野菜だから絶やしたらもったいないと思って
栽培しているという。

9月22日に摘果した大きな果実を見せてもらった。





3-1.JPG

小池さんと別れて、河野さんが所長の日野万願寺直売所「みなみの恵」に伺った。
河野さんには、2012年に
東光寺大根の奥住喜則さんを紹介してもらっていて、
新聞記事も書いてくれた。

上の画像をタップする
同店は、2017年10月にグランドオープンして、
地元の農産物の他、国産の肉や総菜を販売する精肉店、
カフェレストランも入っていて、
オープン当時から所長を務めているという。

地元の伝統野菜支援についても改めてお願いした。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2020年09月25日

児童向けの自然科学系書籍や雑誌を執筆している大木邦彦先生が訪ねていただいた。


2週間ほど前に、児童向けの自然科学系書籍や雑誌の
編集・執筆をされている、大木邦彦先生から、メールをいただいた。

現在、小・中学生向けの「野菜の本」を企画計画しているそうで、
話が聞きたいと云うので、昭島まで来ていただいた。

あかね書房出版部の伊藤史子さんも一緒だった。

駅前のモリタウンにある喫茶店が取材などを受ける場合の応接室で
コヒーを飲みながら話をうかがうことにした。





1-1-2.JPG

大木先生は、今年1月に、あかね書房から単行本「たまごの図鑑」A4判96頁を書かれていて、御本をいただいたが、小・中学生ばかりか、
大人が読んでも興味深い内容の写真図鑑で、鳥類、魚類、両生類、
は虫類、昆虫、その他、ほ乳類などの卵が掲載された力作だった。
上の画像をタップする


お電話をいただいたのは、これまで、絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」に係わっているからだそうで・・・、

江戸東京野菜の出番はなかったが、活動の一端を紹介した。

新型コロナの感染拡大の中で、小学校も臨時休校となったが、
長期化して、始まったのは7月からで、授業は大幅に遅れた。

7月になって、千住ネギの授業で、足立区の栗原北小学校、保木間小学校、千寿双葉小学校で実施されたのを始め、

内藤カボチャの西新宿小学校

9月になって、ミクニレッスンの都市大学付属小学校と、成蹊小学校。
そして、三河島菜の尾久宮前小学校

10月早々には早稲田ミョウガ発見を鶴巻図書館で話す予定だ。

・・・・余計な話が長くなった。



あかね.jpg

上の画像をタップする
2020年あかね書房の最新刊・好評既刊ブックガイド

こんな私を頼りにしていただいたので、
できる範囲でお手伝いをすることをお約束した。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年09月24日

沖縄のモーウィを参考に、檜原村に伝わる伝統野菜「白岩(しらや)ウリ」のレシピ開発を研究。


檜原村に伝わる伝統野菜のキュウリに「白岩(しらや)ウリ」がある。
檜原の生産者鈴木留次郎さんに教え頂いたのが、2017年8月で、
檜原の藤倉集落の倉掛の生産者を紹介していただいた。

白岩ウリは、果肉が厚いキュウリで、果皮が黄色く変色するまで
大きく育てて、採種できるようになってから収穫して、
果肉の部分をピラーで削って食べると伺った。





4-1-2.JPG

上の画像をタップする

白岩ウリと同じようなキュウリが、南西諸島・奄美大島の
伝統野菜シマウリで、紹介されていた
他県の事なので発祥がいずこなのかは調べていなかったが、

同じようなウリが、洋上150`、沖縄の伝統野菜として、
琉球王朝の宮廷料理で食べられていたと、月刊野菜情報に
「モーウイ(赤毛瓜)
」が紹介されていた。

琉球と薩摩との交易圏の中では、南西諸島は通り道だ、そこで。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2020年09月23日

練馬大根に続き、江戸城濠大根の播種を行ったと、渡邉和嘉さんから写真添付のメールをいただいた。


練馬大根の播種については、昔から8月末と決まっていたが、
近年の地球温暖化から、9月に入ってからに、変わっているが、
これまで、渡戸章さんや、井口良男さんの様子も紹介してきた。

先日も、渡戸秀行さん、渡戸章さんと紹介してきたが、
播種日の違いで、若干の生育の差はあるものの、
気候が安定してきたことで順調な生育を見せていた。






2-1.JPG

上の画像をタップする
渡邉さんが、本葉の出た、練馬大根の写真を送ってくれた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸城 濠大根

2020年09月22日

練馬大根の第一人者・渡戸章さんの圃場では、小学生が蒔いた大根が順調な生育を見せていた。


練馬大根の第一人者・渡戸章さんが、地元の北町小学校の種まき
指導していたことを紹介した。

あれから2週間、渡戸秀行さんの畑を見に行く途中で、
章さんの畑に寄ると、章さんが圃場に居た。
北町西小学校の4年生が蒔いた練馬大根を、
愛おしむように見回っていた。




1-1.JPG

上の画像をタップする
間引き菜として播種した練馬大根は生育が良いので、

20日から、JA東京あおばの直売所「ふれあいの里」や「にりん草」
で販売しているという。

「評判がいいよ!」と話されていた。
あと4〜-5日で、売り切るという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2020年09月21日

江戸東京野菜を各種栽培している練馬区平和台の渡戸秀行さんの畑に伺った。

     
江戸東京野菜を各種栽培している
練馬区平和台の渡戸秀行さんを訪ねた。

渡戸さんは、江戸東京野菜の収穫体験として
「山分け」イベントを12月に実施しているが、
江戸東京野菜コンシェルジュ協会も、12月13日(日)に実施するので、
そろそろ種まきも行っているだろうと様子を見に行った。

今年の、7月の長雨に日照不足、8月の連日の猛暑で、
渡戸さんも栽培には苦労があったようだ。

8月に幻の小麦「柳久保」の手打ちうどんを江戸東京野菜の天ぷらでの企画で、渡戸さんの内藤カボチャと、砂村一本ネギをいただいている。





1-1-5.JPG

ここにきて、朝晩、秋めいてきたが、何やらさく切をしていた。

練馬大根は8月末に播種するが、渡戸さんは播種したのが聞いてみた。
8月末に蒔いていて、ネットのトンネルの中で葉を伸ばしていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2020年09月20日

荒川区立尾久宮前小学校の4年生が2011年から栽培を続けている三河島菜の授業に今年も招かれた。


尾久宮前小学校(丸山稔校長)の4年生が2011年から栽培を続けている
三河島菜の授業に今年も招かれた。

今年は、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐことから、
長期の臨時休校が行われたことで、
大幅に授業は遅れることになったが、

同校では10年にもなろうとしている、地元の伝統野菜「三河島菜」の
授業は削ることなく、実施されることになった。

三河島菜の発見は、2010年2月に遡る、
東京都教職員組合栄養部会に招かれ、江戸東京野菜の話をした時に、
荒川区の若い栄養士さんから、荒川区の伝統野菜があったら、
子どもたちに食べさせたいので探してほしいと頼まれたことから、
始まった。






1-1-6.JPG

これまでは、クラスごとの授業を行っていたが、
ソーシアルデスタンスを取ってと云うことで、
生徒たちは4年1組と2組の生徒が集まった。

上の画像をタップする
東京の農業から説明に入った。
荒川区には農地法上の農地はない、
関東大震災で、農地は被災者の住宅用地になったことから、
昭和に入ってからは実質なくなっていた。

今日、荒川区発祥の江戸東京野菜として登録されているのは、
谷中ショウガ、三河島エダマメ、三河島菜、汐入ダイコンで、
周辺の足立区では千住ネギ、墨田区では寺島ナスが
栽培されていたことを説明。

質問をしたりしたが、パワーポイントの写真に注目して、
飽きることなく説明を聞いてくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2020年09月19日

山梨県塩山の農業生産法人山本ファーム汲ゥら、同社のオリジナルブランド商品を送っていただいた。


同社とは、ブログを始めた10年前からお付き合いがあるが、
山梨の伝統野菜を、ブランド化して販売していて、伺ったこともある。

翡翠瓜と云っていた翠玉貴(すいぎょっき)瓜、落合芋、「大黒なす」
などを栽培している。
山梨の伝統野菜は、奥多摩、檜原の農業に影響を与えていて、





1-1-0.JPG

翠玉貴瓜の改良前と思われるキュウリは、檜原村に伝わった。
檜原村には「むかしのキュウリ」と云うのがある、
半白系の伝統野菜だ。

江戸東京野菜の白岩ウリも甲斐から伝わった。

上の画像をタップする
翠玉貴瓜を浅漬けにしようと少し厚めに切って漬けた。
市販のキュウリにない、みずみずしさと、
サクサクした食感がたまらない。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2020年09月18日

18日、TBSラジオ「赤江珠緒たまむすび/金曜たまむすび」で寺島ナスが話題になります。


寺島ナスの頭巾をかぶっての出演。
ラジオなのにと思うかもしれないが、さすが阿部ちゃん。
赤江さんや、玉袋筋太郎さんに大うけで、スタジオは盛り上がり
阿部ちゃんの熱弁と相まって、楽しい番組となった。

寺島ナスの頭巾は、講談の真打・田辺一乃師匠が手縫したもの。
阿部ちゃんお気に入りで、呼ばれれば被っていく。



2-1ャ.JPG

上の画像をタップする
寺島ナスの話、皆さん良く分かったと思います。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす

2020年09月17日

大先輩が「東京べかなと宇宙開発」のテーマを語る、私立成蹊小学校4年の授業を参観した。


私立成蹊小学校の4年生の授業に先週伺ったが、同校の大先輩の升本喜就さんは、お忙しくてお見えになれなかった。

升本さんは、小学校の頃から電気好きの「博士ちゃん」、その後、中学、高校、大学と更に知識を高めて衛星を作る事を仕事にした方、
しかも、東京の伝統野菜「東京べかな」の栽培も行い、3代にわたって採種したという。
そこで、4年生の授業で、お話しをしてもらったらと、担任の山本剛大教諭に提案して実現したもの。

升本さんは普段、ご専門の講演会では、1時間半から2時間でお話をしているそうで、その感覚で、後輩たちにあれも話そう、これも話そうとパワーポイントの内容は膨れていったようで、1時間のパワーポイントが出来上がった。

しかし、小学校の1時間の授業とは45分授業だと聞いて、今度は削るのが大変で、途中スキップする場面もつくったと伺った。





1-1.JPG

「東京べかなと宇宙開発」のテーマで話された。

私も、升本さんが東京べかなとの出会いと、
宇宙開発の話が聞きたいと思っていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年09月16日

檜原村の鈴木留次郎さんに、ナツハゼの栽培地と浅間坂の納品店「大庵」を案内してもらった。


あきる野市で、自然農業をしている石川敏之さんを檜原村に誘った。

今年の、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の講座で、「ベテラン農家は語る(7月18日)」に檜原の鈴木留次郎さんに、お話しをいただく予定だったが、新型コロナの感染拡大を恐れて、延期になってしまったが、まだ日程は決まっていない。

この時期、鈴木さんは何をしているか、電話で伺ったら、ナツハゼを収穫してジャムをつくるという。
ナツハゼの栽培地については、2018年に写真を送ってもらったことがあったが、一度行ってみたいと思っていた。

石川さんには、檜原村に行く主旨を伝えた後で、お昼は、石川さんの野菜を納めている檜原のイタリアンで食事をしようと思っていると伝えると、月曜日は休みだと云う。それなら檜原に行ってから決めようと云うことで、私の車に乗ってもらって向かった。





1-1.JPG

鈴木さんは、自宅横に清潔な工房を作ってジャムを作っていた。

上の画像をタップする

昨日、地域おこし協力隊のボランティアさん5人で、5.2`のナツハゼの実を収穫したという。黒い真珠のようだ。
一粒ひと粒、潰さないように収穫するのは、大変な作業だ。
試食をさせていただいたが、程よい甘さに、酸味が利いて後を引く味だ。

瓶詰は、ひと瓶600円で、観光協会の特産物直売所のやまぶき屋、檜原温泉センター「数馬の湯」、檜原役場の喫茶店「せせらぎ」、直売所「山の店」、民宿「浅間坂」等に置いてもらうという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2020年09月15日

あきる野市で、無農薬、無肥料の自然農業「ゆっくり農緑」のオーナー石川敏之さんを畑に訪ねた。


あきる野市で、無農薬、無肥料の自然農業「ゆっくり農緑」の
オーナー石川敏之さんを畑に訪ねた。
1月に、来ているが久しぶりだ。

石川さんの自然農業を、ネットで知って訪ねてくる料理人は
遠く、墨田区本所の「笑がおItalian」のシェフ。

石川さんが届けているのは、農園に近い
八王子の「リストランテ・ドルチオーレ・フィノッキオ」。

日野市豊田の「オーガニックカフェ&レストラン レテラ」。

立川市の「ユックリとチイサイ」。
と各店が定期的に購入いただいていると云う。

初めから取引のある、檜原のイタリアン「ヴィッラ・デルピーノ」は、
私も行ったことがあるお店で松村哲朗シェフを知っているので、
石川さんを誘っていってみようと思って訪ねた。





1-1-1.JPG

丁度、高尾駅の近くにある、イタリアン「タイゾーフレンチ」の翁長太三オーナーシェフが収穫して居るところだった。

今年は、7月の長雨、日照不足、8月の猛暑と、農業には厳しいものだったが、自然農業においても同じでだったようだ。

上の画像をタップする。
あきる野市には、多西、東秋留、西秋留、増戸、五日市、戸倉の旧地域があるが、石川さんの「ゆっくり農緑」は、増戸地区にある事から、「歩きたくなる武蔵増戸」の地図に掲載された。
近くにはキッコ―ゴの近藤醸造がある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2020年09月14日

福神漬の材料にと、ナタマメを播種していたが、大きな莢が幾つもつけていた。


「ナタマメがなった!! 」
「だれ!!」と思うかもしれないが、
白髪頭が、地肌が見えるようになったので、スポーツ刈りにした。
初お目見えです。よろしく。

しばらく気に留めていなかったが、ナタマメがなっていた。

江戸東京野菜で福神漬をつくろうという企画の材料として、
遅まきながら種を蒔いたが、白花と赤花が咲いたことは、報告した。

蕾を付けたころから、葉が茂り始めた。





1-1.JPG

白花の方がよく咲いていたが、赤花の方がたくさん莢を付けていた。
渡邊和嘉さんに栽培を頼んだのは、種を採るためで、
加工するためではないから、莢を大きく育てている。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2020年09月13日

生の寺島ナスは、青リンゴの味と梅澤冨美男さんが絶賛した!!、


9月12日の ”梅澤冨美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!” NHKを見た。

農地のない、だから農家もない「ご当地メシ東京・墨田」で
江戸の伝統野菜が時を超えて復活していた! 寺島ナス




3-1.JPG

9月12日 ”梅澤冨美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!”
の再放送をNHKで見た。
農地のない、だから農家もない「ご当地メシ東京・墨田」で
江戸の伝統野菜が時を超えて復活していた! 寺島ナス

上の画像をタツプする。
地元で復活! 寺島ナスでおもてナス料理
@「寺島なすのオイル焼き」
A「寺島なすのだしそうめん」
B「なす皮のキンピラ」
C「寺島なすのコンポート」

さすが梅沢さん、寺島ナスを生で食べて、
青リンゴの味かすると云っていたが

「寺島ナスのだしそうめん」は、
寺島なすを細かく切って生で食べる料理で、
2人とも美味しいと云って食べていました。

このお料理も是非とも皆さんに食べていただきたい。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす

寺島ナスの発祥の地、東向島の皆さんから熱い情報が伝わってきた。


寺島ナスの地元、東向島の大喜青果の阿部敏さんから
メールをいただいた。

江戸時代に寺島村と云われた東向島は、寺島ナスの発祥の地だった。
阿部さんは、地元の青果商で「寺島・玉の井まちおこし委員会
メンバーとして寺島ナスで町おこしに貢献されてきた。

特に、まちおこしの一環として、5月の連休前に東向島の市民に、
三鷹の星野直治さんが育苗した「寺島ナスの苗」を販売する。





1-1.JPG

敏さんとアンジーさんご夫妻は
千住ネギ「浅草葱善」の田中庸浩社長との交流など
江戸東京野菜の普及に尽力している。

上の画像をタツプする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす

2020年09月12日

渡邉和嘉さんが、村田農園で練馬大根の播種をすると云うので、行ってみた。


練馬大根の採種は、練馬区から依頼されて、平和台の渡戸章さん、大泉の白石好孝さん、土支田の五十嵐透さんが、練馬大根伝来種保存委託事業に協力しているが、このことは、当ブログで紹介している。

渡邉さんは、三人の種の採種の時に、白石農園に行っていたことから、分けてもらった種。

練馬大根の播種は、8月末に蒔くものだった。一名100日大根と云われた。
これは、沢庵漬けにするために、11月には抜いて、12月の上旬には干しあげて、漬物屋さんに納める必要があるためで。




1-1.JPG

しかし、地球の温暖化で、播種日が8月では暑すぎることから、9月になってからに代わってきていて、遅くても暖かいことから生育が早く、収穫日は変わらない。

渡邉さんがこの時期に蒔くのは、畑のローテーションで、この時期になった模様。
村田農園では、干しあげてから漬物にして、JAなどで販売するため、遅れても問題はない。

上の画像をタツプする

飲食店の皆さんから、1月、2月になって欲しいと云われることがあるので、11月に抜かないで残してもらう場合もある。

この場合、気がかりなのは、抽苔で、花が咲いてしまうと食味は格段に落ちることから生産者に対して無理も言えない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2020年09月11日

自然科学の分野で豊かなビジュアルと専門的な知見を伝えてきた "ネイチャー&サイエンス”が、伝統野菜を伝えるという。 、


フリーランスのライター田中いつきさんから、相談のメールを頂いた。

自然科学の分野で豊かなビジュアルと専門的な知見を伝えてきた
"ネイチャー&サイエンス”は、幅広い層に向けて
読みものが中心のメディアで、

ますます便利になっていく世の中で、
目を開き、耳を澄まし、自らの頭で考え、発見したことを、
大切な誰かに伝えたくなる気持ちが持てるような記事を
掲載しています。とあった。



1-1-1.JPG

マスク姿なので、彼女のキャラクターを貼った。

上の画像をタツプする
これまで田中さんが執筆した記事
「ものさしにしたい、自分のフードロス論 
ゼロから学ぶ、SDGsのことA」がネット上に掲載されている。
興味深いし、面白い。さすがだ。


今回の相談は、江戸東京野菜など伝統野菜を書きたいので、
話を聞きたいという。
そこで、昭島に来ていただいて、喫茶店で質問に答えたが、
大学の後輩だと自己紹介された。

田中さんが参考に持っていたのが、
「江戸東京野菜の物語」や、あちこちに書いた掲載誌で、
それを裏付けるような話に終始したように思うが、
あれで良かったのだろうか。

帰り際に顔写真を撮られた。
お互い様だがこちらはマスクを取らされた。


それにしても、ネットにアップされるのが楽しみだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年09月10日

私立成蹊小学校の4年生に、江戸東京野菜の物語と、「東京べかな」をはじめとする野菜栽培を推薦する。


今年の2月に私立成蹊小学校のホールで、「東京私立初等学校協会」の先生方に江戸東京野菜のお話しをしたご縁で、成蹊小学校の山本剛大先生が、東京の伝統野菜に興味を持たれていることを知り、7月に同校に伺ったことは報告した。

同行したのは、成蹊小学校から大学まで成蹊学園で学んだ升本喜就さん。
お仕事で衛星開発に携わったという技術者で私と同い年。
国際宇宙ステーションでNASAの女性宇宙飛行士ペギー・ウィットソンが、2017年から「東京べかな」の栽培試験を始めたことを仕事柄いち早く知り、升本さんも固定種「東京べかな」の栽培を始め、今年で3代目の採種を行っているという方、

今年、平凡社新書から出した「江戸東京野菜の物語」を早速買っていただいたが、「東京べかな」の事は、一行もなかったことから、平凡社にお手紙をいただいた。これでご縁が出来たもの。



1-1-2.JPG

上の画像をタップする

同校で江戸東京野菜の話をすることになったことから、OBとして升本さんに小学校の頃からの夢だった「衛星の話」「東京べかな」の話をしてもらったらと、山本先生に提案したもので、9月16日に升本さんの授業が行われることになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年09月09日

「農のある景観」屋敷林のある練馬区立野町の井口良男さんも秋冬産のキャベツの定植がほぼ終わったと云うので伺った。


屋敷林のある自宅周辺に農地がまとまってある井口さんの畑は、
都市農地の役割の一つ、農のある景観だ。

私立成蹊小学校まで行ったので電話をかけると、
練馬大根の播種は終わったと云う。

秋冬産のキャベツの定植も、南側の畑を残しほぼ終わったというので、
寄ってみた。
10年前、初夏産のキャベツの定植が終わった時に来たが、
秋冬産の定植となるとまた、景色は異なる。





1-1-1.JPG

台風の影響か、空は明るいが、時折、激しく雨が降ってきた。
井口さんは、自宅から離れた住宅街の中にある畑で、
これからニンニクを植えようとしていたが、
奥の方Bはキャベツが定植されていた。

上の画像をタツプするとウド畑
工事中の通りを挟んで、北側Cの農地にもキャベツが定植されていた。
千川上水を渡った東側Aの畑は、南を千川上水(写真右)が流れている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境