2020年09月12日

渡邉和嘉さんが、村田農園で練馬大根の播種をすると云うので、行ってみた。


練馬大根の採種は、練馬区から依頼されて、平和台の渡戸章さん、大泉の白石好孝さん、土支田の五十嵐透さんが、練馬大根伝来種保存委託事業に協力しているが、このことは、当ブログで紹介している。

渡邉さんは、三人の種の採種の時に、白石農園に行っていたことから、分けてもらった種。

練馬大根の播種は、8月末に蒔くものだった。一名100日大根と云われた。
これは、沢庵漬けにするために、11月には抜いて、12月の上旬には干しあげて、漬物屋さんに納める必要があるためで。




1-1.JPG

しかし、地球の温暖化で、播種日が8月では暑すぎることから、9月になってからに代わってきていて、遅くても暖かいことから生育が早く、収穫日は変わらない。

渡邉さんがこの時期に蒔くのは、畑のローテーションで、この時期になった模様。
村田農園では、干しあげてから漬物にして、JAなどで販売するため、遅れても問題はない。

上の画像をタツプする

飲食店の皆さんから、1月、2月になって欲しいと云われることがあるので、11月に抜かないで残してもらう場合もある。

この場合、気がかりなのは、抽苔で、花が咲いてしまうと食味は格段に落ちることから生産者に対して無理も言えない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根