2020年09月13日

生の寺島ナスは、青リンゴの味と梅澤冨美男さんが絶賛した!!、


9月12日の ”梅澤冨美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!” NHKを見た。

農地のない、だから農家もない「ご当地メシ東京・墨田」で
江戸の伝統野菜が時を超えて復活していた! 寺島ナス




3-1.JPG

9月12日 ”梅澤冨美男と東野幸治のまんぷく農家メシ!”
の再放送をNHKで見た。
農地のない、だから農家もない「ご当地メシ東京・墨田」で
江戸の伝統野菜が時を超えて復活していた! 寺島ナス

上の画像をタツプする。
地元で復活! 寺島ナスでおもてナス料理
@「寺島なすのオイル焼き」
A「寺島なすのだしそうめん」
B「なす皮のキンピラ」
C「寺島なすのコンポート」

さすが梅沢さん、寺島ナスを生で食べて、
青リンゴの味かすると云っていたが

「寺島ナスのだしそうめん」は、
寺島なすを細かく切って生で食べる料理で、
2人とも美味しいと云って食べていました。

このお料理も是非とも皆さんに食べていただきたい。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす

寺島ナスの発祥の地、東向島の皆さんから熱い情報が伝わってきた。


寺島ナスの地元、東向島の大喜青果の阿部敏さんから
メールをいただいた。

江戸時代に寺島村と云われた東向島は、寺島ナスの発祥の地だった。
阿部さんは、地元の青果商で「寺島・玉の井まちおこし委員会
メンバーとして寺島ナスで町おこしに貢献されてきた。

特に、まちおこしの一環として、5月の連休前に東向島の市民に、
三鷹の星野直治さんが育苗した「寺島ナスの苗」を販売する。





1-1.JPG

敏さんとアンジーさんご夫妻は
千住ネギ「浅草葱善」の田中庸浩社長との交流など
江戸東京野菜の普及に尽力している。

上の画像をタツプする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寺島なす、雑司ケ谷なす