2020年09月29日

鹿児島と東京の小学校生活科の先生方がリモートで「東西野菜対決」!、Zoomで参加させていいただいた。


9月10日だったか、鹿児島大学農学部附属農場にお勤めの中野八伯さんからメールで、9月27日に東京と鹿児島の小学校生活科の先生方がリモートで、「東西野菜対決」と題して合同研究会が行われるとの、案内があったと云う。

「小学校の教員が独自に作った合同研究のようで、これから小学校の総合学習で伝統野菜を全国に広めていきたいみたいです。」とのこと、

中野さんには、「江戸の昔、薩摩から江戸に伝わったのが江南竹(孟宗竹)で、江戸から薩摩(指宿)に伝わったのが山川大根(練馬大根)で、相互の理解にもいいですね」、と話していた。




1-1-6.JPG

中野さんは、5分ほど「鹿児島の伝統野菜」について話すそうで、
研究会では東京の先生の発表が、小松菜の総合学習らしいのです。

大竹さんに、5分ほど「江戸東京野菜」の話をしていただけないかとも云っているという。

上の画像をタップする。

特に東京の先生からは連絡はなかったが、今年も小学校での授業を行っているから、勉強になるので、前日、ZoomのIDやパスワードを教えていただいてミーティングに参加した。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等