2020年10月01日

高知県在来の土佐山内家伝来のナスと、大師ナス、高知県農技育種の土佐鷹を送っていただいた。


土佐の竹田順一先生から、高知県在来の土佐山内家伝来のナスと、大師ナス、高知県農技育種の土佐鷹を送っていただいた。
竹田先生には、3月に「潮江菜」を送っていただいたが、何かとお気遣いをいただいている。

竹田先生については、前回ご紹介しているのでここでは触れないが、竹田先生は育種家で、伝統野菜についても何かと情報をいただいている。





1-1-2.JPG

竹田先生によると、土佐山内家伝来のナスは品種の特性からして、宮崎県の伝統野菜【佐土原ナス】の系統だという。

土佐山内家伝来のナスは、土佐藩主山内家の殿様(三代山内忠豊)の頃から、代々土佐藩の御用農園で栽培されてきたという。

土佐の気候風土、病害虫、単位結果、豊産性品種として、長い年月で育種選抜されたナスだという。

それを、植物学者の牧野富太郎から、高知の栽培作物を調査収集することを託された竹田功先生(順一氏のご尊父)が、土佐山内家18代当主の山内豊秋氏から種を直節いただき今日に至っている。
高知の伝統野菜は、功先生が収集したものだと云うことを忘れてはならない。

上の画像をタップする

明治41年春用の種苗カタログ(進藤進コレクション)によると、
寺島ナスの蔓細千成茄、雑司ヶ谷ナスの中生山茄と一緒に、佐土原長茄が掲載されていて、
他が1升3円50銭に対して、佐土原長茄は6円と高価だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話