2020年10月05日

更科堀井の河合孝義料理長が支店長で立川のお店に移られ、食べに行ってきた。


更科堀井で、今年2月まで実施していた「更科堀井四季の会」を、今後の対策について協議した世話人会があったが、メニュー決定の協議には必ず出席していた、河合孝義料理長がいないので、堀井良教社長に伺うと、伊勢丹立川店8Fレストラン街の更科堀井に8月から支店長で行っているという。

訪ねてやってくださいというので、2時ぐらいなら空いているだろうと、時間を見計らって伺った。




1-1-8.JPG

昼時を過ぎた2時なので空いていると思っていたが、店の前には何人も椅子に座って入店を待っていたが、2時半ころになって席が空いたと名前が呼ばれた。

上の画像をタップする

かき揚げに、ざるそばを注文した。
そばを持ってきた女性に、河合さんがいるのかを確認してから、そばをすすったが、忙しいところ、席まで挨拶に来てくれた。

更科堀井独特のボール状のかき揚げ、エビが幾つも入っていた。

その後も、席が空くと次々とお待ちのお客の名が呼ばれていた。

帰りに、お客さんが待つ店の前で、店の女性に撮ってもらった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ