2020年12月05日

秋冬産キャベツの収穫が終わると、江戸東京野菜の千住ネギ、練馬大根、内藤トウガラシの収穫が待っている。


キャベツ栽培では、東京を代表する生産者の井之口喜實夫さんは、秋冬産キャベツの出荷もほぼ終わり、自宅前の畑にある分を残すまでなった。

風も冷たくなり、鍋の美味しい季節で、ネギのシーズンになった。
この季節、江戸東京野菜としては、千住ネギの江戸千住と、練馬大根、内藤トウガラシの栽培をしていた。




1-1.JPG

千住ネギの「江戸千住」を栽培している井之口喜實夫さんの畑に立ち寄った。
すでに、練馬の「小料理石井」の石井公平さんや、押上「よしかつ」の佐藤勝彦さんが、寄っては持ってくようだが、田中社長は、今月中旬からとりに来るという。

上の画像をタップする。

井之口さんは江戸千住葱保存会の副会長をされていて、浅草葱善の田中庸浩社長も認める栽培技術で、葉まで柔らかいネギを栽培している。

千住ネギの普及については、今年は大泉の村田農園でも栽培を始め、渡邉和嘉さんが取り組んでいる。
練馬区平和台の渡戸秀行さんも、来年は栽培したいとの希望を聞いている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達