2020年12月06日

武蔵國から舟運で江戸へ農産物が送られてきた中に、川越のさつまいもがあった。


平成9年(1997)に、江戸東京の農業説明板を、都内の神社などに50本も建立したことは、江戸東京野菜の復活・普及に役立ち、各地でまち興しのきっかけになっている。

平成18年(2006)、東京都北多摩郡の隣、埼玉県所沢市の神明社境内に「甘藷乃神」が祀られたという話は、吉田弥右衛門の末裔、吉田策さんから聞いていた。





1-1.JPG

甘藷乃神には、その内お参りに行くとしていたが、14年もたってしまった。
子どもの頃、焼き芋は、落ち葉炊きの中にさつま芋を放り込んでおいて、焼けるのを待ったものだ。

上の画像をタップする

「甘藷乃神」は、川越いも作り初め255周年記念で遷座祭を行ったと説明板にはあるが、来年2021年は、270周年になる。イベントも行われることだろう



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さつまいも