2020年12月13日

練馬区平和台の渡戸章さんの屋敷は練馬大根の干し場になり、白い練馬大根が蔓下げられた光景は壮観だ。


練馬大根の事となると、練馬区平和台の渡戸章(87歳)さんで、
今年も連日のようにメディアの取材を受けている。

先日、東光寺大根の奥住善則さんを紹介したが、
練馬大根の干し大根の事が気になって、渡戸さんに電話をすると、
今が最盛期だと云うので、練馬の光が丘まで行ったついでに
足を延ばして伺った。





1-1.JPG

練馬ダイコンの干し場は、壮観な眺めだ、
渡戸さんは、3000本の練馬大根を栽培していて、
すでに出荷したものがあるが、

上の画像をタップする
現在、干してあるのが2300本ほど、
畑には500本ほどが残っているという。

かつて、練馬では12月になると練馬大根は全て引抜かれ、
農地は乾燥場となり丸太で作られた矢来に、
大根はつるされ干し場となる。

練馬から板橋、北区の滝野川あたりまで練馬大根が栽培され
この季節の城北の風物となっていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根