2020年12月14日

練馬区立光が丘秋の陽小学校の第6学年 総合的な学習の時間で、「練馬大根の特徴と歴史を知ろう」を伝える。


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関根幸男校長)の佐藤綾子栄養教諭から6年生に、練馬の伝統野菜・練馬大根の歴史や食文化の話をする機会をいただいたのは同校に着任した2016年からで、今年は12月12日(土)に8時30分から一クラスずつ3クラスで実施した。

6年生は2015年に入学していて、1年生でトマトの栽培、2年生でサツマイモ、3年生で練馬大根、4年生でニンジン、カボチャ、5年生で稲作、6年生はジャガイモの栽培をしてきた。

2017年から、佐藤栄養教諭の計らいで、2年生は、江戸東京野菜の雑司ヶ谷ナスを栽培するようになった。

1年生から6年まで、野菜の栽培をしてきたことは素晴らしく、それまで食べられなかったナスを、雑司ヶ谷ナスを学校で栽培し、収穫したナスを自宅に持ち帰るようになってから、ナスが食べられるようになったという話を、当時の担任の先生と、佐藤栄養教諭にも伺った。




1-1.JPG

最初の自己紹介で、これまで1年生から6年生まで栽培した野菜の本、絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」は、同校の図書室に納められているが、同書の監修をしていることを紹介することで、児童との接点を見出した。

上の画像をタップする

勿論、「だいこん」も発行されていて、練馬大根の物語から入った。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組