2020年12月15日

12月13日(日)「冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」が開催された。


2016年から始まった「冬の江戸東京野菜収穫体験&山分け@ファーム渡戸」は、今年で5年目、12月13日(日)に開催された。

江戸東京野菜は、四季折々の野菜ですが、生産者一人が何種類も一度に栽培しているケースは少なく、また、江戸東京野菜を専門に販売している青果店もない。

現在、飲食店などが各種の江戸東京野菜を必要となると、東京の食材を扱う流通業者に依頼することになる。

そのような中で、江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、練馬区平和台の「ファーム渡戸」の渡戸秀行さんに相談して実現してもの。





1-1.JPG

開会に当たり主催者として挨拶をしたが、新型コロナウィルスの感染が拡大する中で、この日のために生産者の渡戸秀行さんも努力されてきたので、体温のチェク、マスクの徹底と、ソーシァルデスタンスで注意しながらの実施となった。

上の画像をタップする

参加者は30組40人で、協会からは、上原恭子理事、松嶋あおい理事、佐々木昭理事、川並三也理事、スタッフとして、コンシェルジュの木村えり子さん、若林牧子さん、増田純代さん、森田哲也さんにお手伝いをいただいた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業