2020年12月16日

ファーム渡戸の純正おふくろの味「昔みそ」、この味噌づくりには、江戸東京野菜を愛する人たちの物語がある。


練馬区平和台の「ファーム渡戸」(渡戸秀行園主)では、毎年夏に、三河島エダマメを栽培しているが、この大豆で、地元練馬の味噌蔵「糀屋三郎右衛門」で「昔みそ」を作った。

この味噌づくりには、江戸東京野菜を愛する人たちの物語がある。





1-1.JPG

ラベルには、『江戸東京野菜「三河島枝豆」を大豆になるまで完熟させ、都内唯一の味噌蔵「糀屋三郎右衛門」の協力の下に完成。東京産にこだわった味噌の味をご堪能ください。』とある。

上の画像をタップする

2018年、渡戸さんは、三河島エダマメを栽培し、大豆として完熟させて収穫した。

練馬区大泉で、江戸東京野菜を始めとする地元の野菜を使った料理を出す「小料理石井」の石井公平さんが、ファーム渡戸の渡戸さんから、三河島エダマメの大豆を使わないかと、話しかけられ、石井さんは、店で使う味噌を作ることが頭に浮かんだという。

麹は練馬区中村橋にある、糀屋三郎右衛門の麦麹で、練馬で栽培した大豆を仕込んだことは当ブログで紹介している。

その話を聞いた渡戸さんは「糀屋三郎右衛門」の八代目辻田紀代志氏とは、昔からの知人だったので、同味噌蔵で三河島枝豆の「昔みそ」を作ってもらい、「ファーム渡戸」で販売したところ、好評だっことから、2019年も味噌用大豆として栽培していて、10`ほど採れた。

2020年、渡戸さんは425g入りを90袋限定で12月12日から販売したもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報