2020年12月22日

八代将軍吉宗と南町奉行・大岡越前守忠相、そして本草学者・青木昆陽のご縁を小石川で確認した。


南町奉行・大岡越前守忠相は享保19年(1734)本草学者・青木昆陽の「蕃薯考」を幕府に上申したが、これを読んだ八代将軍吉宗は、青木昆陽にサツマイモの試作栽培を行わせた。

試作地には、江戸小石川の養生所(現小石川植物園)と、天領であった下総国馬加村(現千葉市花見川区幕張町)に、上総国不動堂村(山武郡九十九里町)が選ばれた。

その後、天明、天保と続く大飢饉が発生した時、サツマイモによって多くの人々が救われた。







1-1-1.JPG

50年も前、学生の時に調べ物があって、
東大の附属小石川植物園に行ったが
甘藷試作跡の碑の前で友人と写真を撮ったが、後で写真を見たら
文字がわからずにただ大きな石が写っていたのを思い出した。

自然石に、「甘藷試作跡」と彫り込まれているようだが、
デコボコの自然石だけに読みづらい。

上の画像をタップする
「甘藷試」まではかろうじて読めたが、
「作跡」の文字は、写真に撮ったが読み取れなかった。

大正10年(1921)に建立したが、サツマイモの色に似た部分が斑に
なっていて、横から見るとサツマイモとも思える形をしていた。
どこから出土した石なのか・・・・・わからない。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さつまいも