2020年12月25日

章さんが漬けた「練馬大根の沢庵」は旨い、干し大根はそば汁に漬けたがこれも旨い。


練馬大根の第一人者として、
渡戸章さんが練馬大根を干しているところを紹介した。

干した大根は地元の漬物屋さんに納品するそうだが、章さんの
お宅でも漬けるようで、クリスマスの頃には漬かると云っていた。

章さんの沢庵は、毎年漬かるのを待っている消費者が多いと
聞いていたので、クリスマス前に近くまで行ったので寄ってみた。

テレビのADらしき若い人と、話し込んでいるところだったが、
私の顔を見ると話をやめて、「今日、沢庵が漬かったから・・」
と云って切ってくれた。

ADには、漬かった沢庵を切って食べさせて、
その感想を聞いている所だった。





1-1.JPG

一本、分けてくださいと云うと、樽からとってきてくれた。

上の画像をタップする
干してある練馬大根も一本欲しいと云うと、
「どれでも好きな大根を抜いて良いから」と云うので
細くて良く干されているの抜き取った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根