2020年12月29日

柏木小学校の屋上菜園のサツマイモ栽培と、東京でも栽培されていた伝統野菜「東京金時」。


新宿区立柏木小学校の竹村郷校長が同校の屋上で
野菜栽培を始めたことは、紹介した。

これまで、竹村校長は、
港区立青山小学校、そして前任校の新宿区立落合第六小学校でも
屋上に土を運び上げて野菜栽培をされてきた。




1-1-5.JPG

柏木小学校では竹村校長がこれまでの経験を生かして袋栽培に移行。

その中でも、東側の屋上にはサツマイモの栽培も行っていて、
スイカや、鳴子ウリ、カボチャと供に、
屋上の周りにサツマイモの袋か置かれていた。

上の画像をタツプする
サツマイモは、葉の柄の付け根から出る長い不定根が
イモになるため、不定根を受け入れる袋も必要だった。
今年は、種芋の袋の中に小さな芋が出来たと聞いている。


あかね書房の「サツマイモ大図鑑」に係わるようになってから、
当ブログでもサツマイモについて紹介してきた。

サツマイモが中国から琉球に伝わったことは、
友人の中西博之さんが雑誌に掲載していた。

江戸では、青木昆陽がサツマイモの試作を行っていた。
小石川は起伏にとんだところだったが、
養生所と試作地は平坦にならされていた。

川越の吉田弥右衛門は千葉へ種芋の買い付けに息子を行かせたが、
永井で栽培し、普及したことで、江戸では焼芋ブームが起こり、

地元では昆陽と同等の「甘藷乃神」として祀られている。

また、袋栽培の事例も掲載されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さつまいも