2021年01月31日

母校、目黒区立油面小学校が、平成21年、22年とNHK全国学校音楽コンクールで連続優勝した歌声にジンと来た。


1月31日、喜寿を迎えた。
改めて、77年を振り返ると、戦争中に生まれた仲間、目黒区立油面小学校の級友とは、今でも親しくしている。
6年間クラス替えがなかったから、クラス会では子どもの頃の話題で毎回盛り上がっている。

定期的に集まるようになったのは、60歳の頃からで、幹事長に面倒見のいい股野道夫君が全員の推挙で、なってからのことで、江戸東京野菜のイベントとぶつかった、3回以外出席している。

2020年は新型コロナの影響で中止となって、以来再会は何時になることやら。

新型コロナの関係で自宅待機の中で古い話を思い出して書いている。

2019年に鎌倉で、作家の林郁先生とお話をしたときに、私が目黒育ちだという話をしたら、先生は、お孫さんが目黒区立油面小学校で、6年生の時にNHK全国学校音楽コンクール小学校の部で全国優勝をした、と話されたことを思い出した。

調べてみると、油面小学校は平成18年にも出場していた。



0-1-8.JPG

油面小学校は平成18年度(2006)に、初めて関東甲信越ブロック代表
として「73回 NHK全国学校音楽コンクール」に初出場した。

上の画像をタップする
課題曲 ”まいにち「おはつ」”
指揮は松田和子先生、ピアノは臼田圭介さん

自由曲 「野原の声たち」



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

イベントの資材として、江戸東京野菜は纏提灯に、似合うのでないかと


自宅待機中の日々、昔話を紹介しています。
2016年6月に浅草の ”駒形どぜう” が、毎月開催している
江戸文化道場に招かれた。

“駒形どぜう”では、店先に講師陣の名前入りの纏提灯が並んでいるが、
五代目の渡辺孝之さんに、名前入りの纏提灯を作っていただいた。




1-1.JPG

提灯は、江戸通りを挟んだ向かいの提灯屋・大嶋屋恩田が作っている。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

NHK「ラジオ深夜便」1月31日の午前4時台「明日へのことば」

1-1-2.JPG
上の画像をタップする。江戸東京野菜復活に賭けた物語。
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2021年01月30日

NHKテレビが新宿内藤とうがらしプロジェクトの日本農業賞受賞を報じていた。


29日、19時前のNHKニュースを見ていたら、「新宿内藤とうがらしプロジェクト」が、日本農業賞を受賞したことを報じていた。

今年で50回になる日本農業賞は、日本放送協会と全国農業協同組合中央会が実施しているもので、中央審査会の最終審査の結果、食の架け橋の部で「優秀賞」を受賞したもの。



1-1.JPG

上の画像をタップする

新型コロナウイルスの感染拡大で、昨年からイベントは中止になっているがこれまでのプロジェクトの活動が評価されたもの。

江戸東京野菜の内藤トウガラシを通しての活動が評価されたことは、ご同慶の至りで、さっそくリーダーの成田重行先生に電話で、お祝いを申し上げた。

2021年01月29日

鎌倉野菜の鎌倉大根とカラーのカブが届いた。


鎌倉大根が鎌倉野菜になっているのは、鎌倉市農協連即売所の組合長をやられた山森金雄さんが、鎌倉市関谷で栽培しているからで、鎌倉大根に注目しているグループの代表が、山森さんの畑の鎌倉大根と、カラーのカブを送ってくれた。

鎌倉大根の最近の話題としては、神奈川県農業技術センターの原康明研究課長が、鎌倉大根の選抜と固定試験を行っていたことと、

また、生産者としては、山森金雄さんがNHKの「梅沢冨美男&東野幸治 まんぷく農家メシ!」に奥様の圭子さんと登場したことで、紹介している。






kamakura.JPG

上の画像をタップする

同好の代表に話を伺うと、
山森さんの畑で収穫した300本の鎌倉大根を食べた皆さんは、美味しかったと好評だったという。
美味しいというのは、どういう意味なのか、確認していないが、青首大根と同じでは意味がないわけで、野性味をどう評価しているかはわからない。

鎌倉大根を鎌倉のために使ったという話もある。
鎌倉には芝生のグラウンドは一つもななく、鎌倉FCのグランドを芝生にしようと、クラウドファンディング(CF)で資金の募集をしていたことから、鎌倉大根を1本300円で購入してもらい、内100円をCFとして提供したという。
2月から芝生張りの作業が始まるという。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説の鎌倉大根

2021年01月28日

2017年は、2度も島根に行って、出雲おろち大根の情報を仕入れていた。


自宅待機中の日々、報告していなかった2017年のイベントの紹介です。

古来から海岸線に自生していたハマダイコン。
地域の歴史文化に結び付けて流通し始めている、鎌倉大根や、江戸城濠大根のきっかけになったのが、

島根大学植物育種学研究室の小林伸雄教授が取り組んでいる出雲おろち大根で、大学とは別に普及の中心的役割を担っているのが、森山太史さんで、出雲大社の参道のはずれで、うどん屋「山太」を営業していた。






1-1.JPG

2017年の春に出雲に行ったときに初めてお会いしていた。

上の画像をタップする

その年の8月初めに、8月26日、27日に東京の代々木公園で開催される「うどん天下一決定戦」に ”出雲うどん愛好会” として参加すると案内があった。

「うどん天下一決定戦」は2017年が第一回で、商店街振興組合原宿表参道欅会が主催し、全国から15店が参加して行われた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2021年01月27日

難波ネギの復活・普及に取り組む難波リンゴさんから、2014年の「野菜茶業研究所ニュース」に「ネギの民間療法を科学する」が、特集されていたと教えていただいた。


なにわの伝統野菜 "難波ネギ" の復活・普及に取り組む難波リンゴさんからメールをいただいた。

難波ネギの効用を調べていく中で農研機構が発行する「野菜茶業研究所ニュース」(2014年12月53)に、農研機構 野菜花き研究部門 野菜病害虫・機能解析研究領域 品質機能ユニット 上田浩史ユニット長の「ネギの民間療法を科学する」が、特集として掲載されていた。



1-1-5.JPG

難波ネギの粘液
上の画像をタップする。

「切ったネギ、または、焼いたネギを手ぬぐいに包んで首に巻く」「切ったねぎを鼻に詰める」等をすると、

「喉の痛みが取れる」「鼻の通りが良<なる」「血行が良<なり炎症が鎮まる」等の効能を耳にすることがあります。

これらは「民間伝承療法」です。と前置きして、特集では、粘液に注目している。

粘液を経口摂取することで免疫活性化機能が生ずるとしている。

根深ネギの食文化を有する地域では葉身部(緑部)を主に食べる文化はないから、産地では、出荷規格である60cmに合わせ、切り落として有用な機能性物質を捨てている。

新型コロナウィルスに対する効用も期待したい。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2021年01月26日

農政ジャーナリストの会では、”5年ぶりの【2020年農林業センサス】(概要公表)オンライン研究会” の開催でスタートを切った


コロナ感染拡大・緊急事態宣言発令下の新年最初のオンライン研究会は15日(金)、5年ぶりの【2020年農林業センサス】(概要公表)開催でスタートを切ったとメールをいただいた。
センサス調査結果は農政推進等のベースになるものです。




1-1-3.JPG

上の画像をタップする

「2020年農林業センサス研究会」につきまして、
「録画」&「説明資料」データ を送信します。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2021年01月25日

フードジャーナリストの向笠千恵子先生か旗振り役代表をされている「すきや連」が、10周年記念セレモニーを2018年10月15日に、浅草ビューホテル3階の「祥雲の間」で開催された。


ステーイホームの中で、掲載しなかった記事を紹介している。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会が顧問をお願いしている向笠千恵子先生か旗振り役代表をされている「すきや連」が、10周年記念セレモニーを2018年10月15日に、浅草ビューホテル3階の「祥雲の間」で開催されたことを、紹介していなかった。

「すきや連」とのご縁は、2013年の第14回のすきや連の例会が、ホテルニューオータニ内の「岡半」で開催されたときに、江戸東京野菜の「卓話」を依頼されてからのご縁だ。






1-10周年.jpg

式典には、これまで、例会を開催された全国の「すき焼き屋」の
オーナー、牛肉関係者、ネギ、ゴボウ、椎茸などの野菜、具材、
調味料や酒やワインの蔵元が参加されていた。

2016年に開催した八王子の坂福の大洞敏男社長も見えていた。
(写真 2列目の右から4人目)

前回は、なにわ野菜の難波リンゴさんにお世話になった。
「はり重」の藤本稔社長も(2列目の左から3人目)見えていた。

上の画像をタップするとセレモニーの様子

セレモニーの後、ツアーへ

<ツアー、すき焼き懇親会>
16:10我々「今半本店」行き集団は「浅草今半」を見学した後、
「ちんや」を見学し、最後に懇談会の会場に向かった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年01月24日

昨年、福神漬用のナタマメ栽培をしたが、2013年に南大泉の永井さんが栽培している写真が出てきた。


このところの自宅待機の中で、報告していない情報を紹介している。

昨年は、江戸東京野菜で福神漬けを作ろうと、
ナタマメの採種を行ったことは紹介した。
色々と分からないことが多かったが、教えてくれる方が見つかった。

古いデータを見ていたら、南大泉の永井農園の永井昭さんが
ナタマメを栽培していた写真(2013年8月23日撮影)が出てきた。

その時は、詳しく聞いていないが、永井さんは友人からもらった
と言っていたので、改めて電話をして聞いてみた。

播種するのは、4月から6月で、収穫は8月初旬から中旬で、
この写真は採種用だという。

したがって、渡邉さんはぎりぎり間に合った。
連作や酸性土壌はだめで、石灰を蒔いて耕しておくという。






1-1.JPG

上の画像をタップする
写真のように大きくなると毒性が生ずるという。
福神漬で食べた、10p〜15pの若採りは問題ないが、
完熟したものは毒抜きが必要だという。

2-3日水に浸してあくを抜き、水に少量の塩をいれて5分ほど沸騰、
粗熱をとってから再度沸騰を2-3回繰り返すことで毒は抜ける。

胡麻和えや、サラダなど食感が楽しめるそうだ。、

福神漬に入れることも分かった。
日本には江戸初期に、薩摩藩に伝わり、
現在は鹿児島が大産地になっている。

鹿児島では成長が早いことから、昔から縁起の良い野菜と
云われていたことから、福神漬に使われているという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年01月23日

虎ノ門の大坂屋砂場で、そばを食べたことは昨年紹介したが、砂場に行く前に近くの愛宕山に登っている。


政府の緊急事態宣言発令により自宅待機につき、昨年報告できなかったことを紹介する。
昨年、虎ノ門の大坂屋砂場で、そばを食べたことは紹介したが、砂場に行く前に近くの愛宕山に登っている。

小学校の高学年の頃、神田に知り合いが住んでいたので、目黒駅から須田町行き48番の都電に乗れば直で行けたので、日曜日には一人で良く通っていた。
目黒駅から清正公前、魚籃坂下、古川橋、赤羽橋、芝公園、御成門、田村町一丁目、日比谷公園、馬場先門、大手町、そして神田橋で下車した。

子供だから、窓から景色の移り変わりを見ていたから、町並みは覚えてしまった。
加藤清正の位牌や像が祀られている覚林寺がある、清正公前。
明治神宮を源泉とする渋谷川に沿って古川橋から、三の橋、二の橋、一の橋、そして薩摩藩邸のあった赤羽橋と、

御成門を過ぎると愛宕山のラジオの電波塔が見えたものだ。
東京タワーが愛宕山の近く、増上寺の裏にできたのが中学の頃だったから、できる前に何度か愛宕山に上った。




2-1.JPG

愛宕山は、標高26メートルだが自然の山では23区で一番高い山といわれていて、86段の出世の石段は40度の急勾配となっている。

三代将軍家光が、父秀忠の墓参りに増上寺に行った帰り、愛宕山の前を通りかかると、
家光は、石段を上ったところに、梅の花が咲いているのを見つけた。

「誰か馬で石段を駆け上がり、梅の花を折ってまいれ」と命じた。
それに応えたのが、讃岐丸亀藩の曲垣平九郎で、梅の枝を折って戻ったことから、家光に褒められ、寛永三馬術の一人にとして、後世に伝えられた。

これにより、この石段は出世の石段と呼ばれ、9月の出世の石段祭りに、愛宕神社の御輿がこの石段を上る。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年01月22日

キャノングローバル戦略研究所の杉山大志研究主幹が「江戸東京野菜のイノベーション」を、CIGSオリジナルコラムとして掲載した。


農政ジャーナリストの会の竹村晃事務局長からメールをもらった。
江戸東京野菜をはじめ東京の農業については、時々情報をいただいているが、今回は「ご存知かと思いますが、」として、

キャノングローバル戦略研究所の杉山大志研究主幹がイノベーションを通じた温暖化問題の視点から「江戸東京野菜のイノベーション」を、同研究所のHPに、CIGSオリジナルコラムとして掲載されたという。

さっそく読ませていただいたが、ご専門の温暖化問題で、江戸東京野菜のイノベーションを論じておられ、大変勉強になる。





1-1-5.JPG

上の画像をタツプする

参考資料として当ブログもご覧いただき、
中央会ともどもリンクしていただいているが、
杉山研究主幹のこれまでの論文も本文との関連で紹介している。

「本稿で紹介したエピソードはその一部に過ぎない。
いつか体系的にまとめてみたい。」とあるから、
今後も紹介していただけるようだ。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2021年01月21日

「梅沢冨美男&東野幸治 まんぷく農家メシ!」が20日放送され、鎌倉大根をお願いしている山森金雄さんが登場された。


「梅沢冨美男&東野幸治 まんぷく農家メシ!」は「見た目もおいしい! 鎌倉野菜 〜神奈川県・鎌倉市〜」の放送だった。

鎌倉野菜の生産者は、盛田勝美さん、広美さんご夫妻と、山森金雄さん、圭子さんご夫妻。
今回登場の山森さんは、鎌倉大根の栽培をお願いしている方で、鎌倉の農家が栽培していることで、鎌倉大根も鎌倉野菜の一つとなっている。

特に、鎌倉大根は紹介していないが、山森さんご夫妻のお人柄知っていただくために紹介する。

そもそも、山森さんとのご縁は、鎌倉市農協連即売所の組合長をされていた時にお願いして、栽培が始まり、圭子さんが販売してくれていた




1-1-2.JPG

上の画像をタップすると27日午後0:43分まで番組は配信される。

番組で紹介されたレシピはここから。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 伝説の鎌倉大根

2021年01月20日

昨年の秋に、善福寺池の周辺を歩いたが、農地こそ少なくなったが、遅野井湧水を湛えていた。


東京を流れる川の水源地は、「農のある景観と環境」として報告してきた。
東西に長い東京の、南北に三鷹の井の頭池、杉並の善福寺池、練馬区石神井の三宝池と、三つの池を線で結ぶと、弓を張ったように曲線になり、そこに湧水がある。

善福寺池は、かつて池のそばにあった善福寺弁財天の名をとったが、その寺はすでに廃寺になっていて、その後、善福寺4丁目の福寿院という名の寺院が1923年に地名をとって改名して善福寺となっている。

昨年の秋、善福寺には荻窪からバスで、井草八幡宮で下車して歩いてきたが、井草八幡には、農業説明版の「井荻ウド」の説明版がある。

また、明治から大正にかけては、藍染めの原料「藍」を栽培して産地になっていた。





1-1.JPG

善福寺川の源流、遅野井湧水の碑が立っていた。

上の画像をタップする
説明板によると、鎌倉時代、源頼朝とのご縁がある湧水。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年01月19日

ミクニレッスンの調理実習は中止になったが、バックヤードの宮寺さんのハウスの野菜は寒さで生育が遅れていた。


都市大学付属小学校の4年生に対して行っている三國レッスンは、今月の25日に開催予定だったが、緊急事態宣言の中で中止になったが、

三國シェフが、レシピとハンバーグを作るところを児童に見せて、
お家で、作るように指導して終わったと聞いている。

昨年の11月16日に、調理実習でつかう野菜を育てようと、東京べかな、ロメインレタス、水菜、スイスチャードなどの播種を行った。

宮寺光正さんは、生徒に播種の仕方を指導したが、生徒たちの栽培が失敗した場合用に、宮寺さんもハウスで同じものを栽培しているが、緊急事態宣言前の正月に寄ってみた。






1-1.JPG

例年11月には調理実習を行っていることから、
栽培した野菜をサラダにすることができたが、
2か月半も日程が先送りになってしまった。

しかも、寒さに向かっての先送りだから、作物の成長は止まって
宮寺さんも、苦慮していた。

上の画像をタップする
東京べかなは、20日ほどでどの程度伸びるか心配していた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2021年01月18日

緊急事態宣言が発令されたことで、予定していたイベントが中止となった。


緊急事態宣言が発令されたことでステイホームが続いている。
今月の24日に江東区の図書館でお話をすることになっていたが、中止になってしまった。

江東区の皆さんは、江戸東京について興味を持っている方が多く、
2014年には、中川船番所に伺ったし、2015年には深川江戸資料館の解説ボランティアのみなさんにお話ししている。





1-1-1.JPG

上の画像をタップする


最近では2019年2月に江東区総合区民センターで実施したが、今回もこの時期だから、練馬大根、千住ネギ、江戸城濠大根、それと亀戸大根も持っていこうと思っていた。

江東区のことも、いろいろと話すが、土地のことも調べ始めていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 09:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年01月17日

練馬で、江戸東京野菜などを栽培している、渡戸秀行さんに採種用に馬込三寸ニンジンを持参した。


昨年の11月、新型コロナウイルスの拡大で、東京都農業祭は中止になり、生産者が栽培技術を競う品評会だけが立川の東京都農林水産振興財団で開催された。

例年、江戸東京野菜のコーナーが設けられていたが、消費者の参加がなかったことから江戸東京野菜の出展は少なかった。

練馬の渡戸秀行さんは、下山千歳白菜と馬込三寸ニンジンを出品してくれた。





1-1.JPG

中でも、馬込三寸ニンジンは、江戸東京・伝統野菜研究会が何年か前に渡戸さんに差し上げたもので、その後渡戸さんが種を採種してきたもので、時期か早いからだと思ってスリムだと記したが、渡戸さんは、再度、種をもらいたいという。

上の画像をタップする
先日、手島英敏さんに頂いた、馬込三寸ニンジン
採種するように差し上げた。

渡戸さんは、石神井川に近い、離れた圃場で栽培するといっていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2021年01月16日

「江戸東京野菜の復活に賭けて」のタイトルで、31日のラジオ深夜便の早朝に語る。


昨年の11月12日に、NHKラジオ第1で毎夜11時5分から翌朝5時まで放送しているラジオ深夜便の、午前4時台の「明日へのことば」を担当するディレクターの要幸男さんからメールあった。

昨年、「江戸東京野菜の物語」を刊行したが、新聞など各社が書評を掲載して頂けたり、日経新聞の最終文化面に原稿が掲載されるなど、取り組みの経過を多くの方々に知っていただいた。

そんなことが、要ディレクターの知るところとなった模様。

ラジオ深夜便は、2014年にアンカー須磨佳津江さんのコーナーに出たことがあると、先日紹介したが、須磨さんからのメールで、要さんはNHKに入った同期だと伺った。




1-1-4.JPG

要さんが、考えてくれたタイトルが「江戸東京野菜の復活に賭けて」だ。

「江戸東京野菜とは江戸時代から1970年代半ばごろまで東京で作られていた野菜の固定種。
都市化や交配種(F1)の浸透により急速に姿を消し、野菜とともにあった暮らしや文化も忘れ去られていった。

この江戸東京野菜の復活に40年以上取り組み、大きな成果を上げてきた。
江戸東京野菜の復活は日本中にある伝統野菜と食文化の見直しの象徴ともなっている。

江戸東京野菜復活に賭けた物語とその意味するものを伺う。」との企画提案だった。
ありがとうございます。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK-TV 、ラジオ出演

2021年01月15日

暮れに、茨城の親戚から、干しいもや、切り干し大根などの乾燥野菜が届いた。


茨城の親戚から、暮れに、乾燥野菜が届いた。
段ボールには干しいもや、切り干し大根、シイタケ、ずいきが入っていた。

干しいもは子どもの頃、乾燥芋と呼んでお腹が空くと炙りもせずにそのまま食べていた。





1-1.JPG

当時は、さつま芋の品種までは知らなかったが、頂いた干しいもは紅はるかだった。

上の画像をタップする

農家でも干しいもを作っていたから知っていたが、あぶることで、色もよくなったし甘みが増した。

このほど刊行された、「サツマイモ大図鑑」では ”すがたを変えるサツマイモ”で、干しいもの作り方まで紹介している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | さつまいも

2021年01月14日

歌川廣重の名所江戸百景「月の松」を復元させた寛永寺の清水堂で確認した。


先日、台東区に詳しい、大浦美鈴さんに案内してもらった「谷中七福神めぐり」の最後、不忍池にある弁天堂に行く前に、清水堂に寄って、月の松から弁天堂を眺めている。


歌川廣重は「名所江戸百景 上野山内月のまつ」と、「名所江戸百景 上野清水堂不忍池」に描いている月の松は、明治の初め、台風の被害にあって、その後、伐採されてしまったようだ。

何年か前に、月の松が復活したという話は聞いていたか、上野には、鴎外荘に何度も伺ったし、最近では昨年の6月には、国立科学博物館のイベントにも来ている。

しかし、その時は思い出しもしないから、探してもみなかった。






1-1-8.JPG

寛永寺は江戸城の鬼門として、京都の比叡山を模して東叡山として寛永寺を祀った。
不忍池は、比叡山に対する琵琶湖に模していた。

上の画像をタップする

寛永寺には、京都の清水寺の舞台造りを模した、清水堂があり、千手観世音菩薩を祀ってある。

廣重の描く、「名所江戸百景 上野山内月のまつ」には、不自然な松に見えるが、当時は珍しいということで、廣重の絵を見て寛永寺に足を運んだ江戸市民も多かったようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境