2021年02月08日

2004年に実施したツアーを参考に、都市農業ツアーの企画を模索している。


新型コロナ禍の中で、東京の農業を知っていただく企画を
模索していたが、参考になる2004年の資料が出てきた。

2003年度〜2005年度にかけて23区内の農家女性のリーダーが
東京各地の都市農業を知ろうとバスツアーを行っている。

この企画、当時事務局長をされた渡邉和嘉さんが企画したもので
2003年度の江東地区に始まり、2004年度の城北地域、
2005年度に城南地域と実施された。

江東地域の農業となると、足立区、葛飾区、江戸川区の農業がある
コースは足立区、葛飾区、江戸川の順であった。





1-1.JPG

足立区では、舎人の新井宏治さんのハウスを見せてもらった、
当時としては水耕栽培の野菜作りは、新しい野菜作りだった。

上の画像をタップする
先日お会いした、葛飾の矢作東一さん、地元舎人の森谷俊男さん、
そして、事務局長の渡邉和嘉さんも写っている。

コンシェルジュ協会の前身、NPO法人ミュゼダグリが実施する
農家見学会でその後、案内をしている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境