2021年03月13日

上原恭子の江戸東京野菜美味しい食べ方、ノラボウ菜料理編


上原恭子の江戸東京野菜美味しい食べ方、今回はノラボウ菜料理

渋谷の「Farm to Bakery」では、三鷹の冨澤剛さんのノラボウ菜で「ノラボウ菜パン」が販売されましたが、それを買った江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事か、冨澤さんのノラボウ菜で、お料理を作りました。




2-1.JPG

ノラボウ菜肉まん(葉っぱ)

上の画像をタップする
いつもは小松菜で作っている野菜肉まんを
ノラボウ菜の葉の部分をたっぷり使って作りました。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

江戸東京野菜の亀戸大根が、練馬区大泉の村田農園では収穫期を迎えている


江戸東京野菜研究会の渡邉和嘉副代表が、江戸東京野菜の栽培をさせてもらっている大泉の村田農園で、亀戸大根の収穫期を迎えている。

この亀戸大根は、江戸東京野菜の普及を行っているJA東京中央会から頂いたもので、昨年の11月末に播種している。





1-1.JPG

上の画像をタップする

このところの暖かさで、亀戸大根は収穫期で、村田千英子さんは一本いっぽん洗っていた。
JA東京あおばの直売所「小暮村」に出荷するようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達