2021年03月16日

江戸東京野菜の栽培をしている練馬区大泉にある村田農園の周辺を歩いてみた。


練馬区大泉の村田農園の近くに、柿の栽培地がある。
「果樹あるファーム ”柿狩り園“ の荘埜園がそれで、季節になると子供連れの家族でにぎわう。

後継者の晃一さんは、イチジク栽培をしていて、当ブログでも紹介している



1-1.JPG

上の画像をタップする

村田農園の帰りに荘埜農園の角を曲がるところで気が付いた。一本いっぽんの木肌がつやつやしていた。手前の黒い樹と比べると、明らかに違う。

同行の、渡邉和嘉さんがいうには、古い木肌を一本いっぽん高圧洗浄機と同じような農業の機械で水流で削って、皮を剥いだという。

柿木の肌は革質化して、でこぼこの古い木肌には、害虫が人んでいたりするので、昔は金ブラシなどで削っていたようだが、最近は5-6年に一度、高圧水流を使っているという、

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達