2021年04月10日

高輪図書館、生活セミナー「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜 第2弾」の5月15日(土)に開催。


昨年の2月に港区高輪の図書館で江戸東京野菜の講演を行ったが、担当の竹田さんからは、帰りがけに、来年度もお願いしますと、口頭で依頼されていた。

お世辞かと思ったが、4月17日(土)で、後日依頼された。募集人員は、昨年は定員の40名だったが、今年は、ソーシャルデスタンスを取って半分の20名で募集し、即満席になったようだ。

しかし、緊急事態宣言の発令、そして延長などがあり、開催日は5月15日(土)に変更された。


1-1.jpg

上の画像をタップすると、昨年の様子。

「高輪図書館、生活セミナー」
の案内には
「四百年の歴史を伝える江戸東京野菜 第2弾」
江戸東京野菜についての講座第2弾。

前回は江戸東京野菜の歴史と成り立ちを解説していただきましたが、
今回は個々の野菜を取り上げ、特徴等を詳しくお話しいただきます。
講師:大竹 道茂氏(江戸東京・伝統野菜研究会代表)

5月15日(土曜)
午後2時から(開場は開始30分前)午後3時30分まで
場所:高輪図書館 視聴覚室
対象:中学生以上どなたでも
定員:20名(申込順)

※当日のマスクの着用、来館前の検温、手指の消毒にご協力を
お願いします。
※会場は換気をし、座席の間隔を空け、定員を通常の半分に
しております。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介