2021年06月24日

食育の授業で、栗の雌花を説明する素材の経過を撮ることにした。



5月24日、雄花が連なっているが、一つひとつが蕾だ。

そのうち雄花が開くと、ふさふさした房状になり、
そのもとに、雌花が付いているものもある。

6月4日には、雄花も満開で、花粉を受け入れる。





1-1-6.JPG

6月16日の栗の木は、薄黄色の雄花が枯れて、
真っ白に見えていた栗の木は褐色で目立たなくなっていた。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達