2021年06月29日

TJGのフードカルチャーコースでは、東京産の野菜「檜原村のルバーブ」を使った調理実習を行った。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)では、フードカルチャーコースを設けていることから、

今年度から2年生には江戸東京野菜を始め東京の野菜を取り入れたいと、講師依頼をいただき、5月初めに、江戸東京野菜の寺島ナスの
定植
作業等を行ったことは報告している。





1-1.JPG

東京の農産物生産は、大産地はないものの、東は0メートル地帯の
江戸川区、葛飾区、足立区では小松菜など、回転率の高い、
葉物野菜などを、栽培している。

西の地域には、標高2000mの
山があり、中山間地帯では、ワサビやのらぼう菜等、

洋上1千キロの島々では、バナナをはじめ明日葉などの作物が
栽培されていて、

東京都中央卸売市場に入荷する一般野菜の殆んどが
東京でも栽培されている。

そのようなことから、予定されていた26日(月)の江戸東京野菜の
授業(1時間15分)では、寺島ナスの栽培管理と東京産野菜の
調理実習をとして、檜原村のルバーブを使った、
ジャムづくりの提案を行ったが、

保積先生の理解を得て、先日、檜原村のルバーブを納品している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組