2021年07月31日

川口エンドウ女子隊の八幡さんと増田さんに、濱中洋子さんから感謝の「オリンピックひまわり」をいただく。


川口エンドウ女子隊の八幡名子さんと増田純代さんは「川口エンドウ」の収穫作業を手伝てきた。

栽培農家としては、蔓からエンドウを切り取る細かな作業が、負担になっていたことも、栽培されなくなった理由の一つだったようだ。

農家の話を聞いて八幡さんは、女子隊を思い付き、それに呼応した増田さんが、遠くから車で駆け付け、生産農家を回って、収穫のお手伝いをしたことは当ブログでも紹介してきた。

このほど、増田さんから写真添付のメールが届いた。





1-1.JPG

八王子市犬目の濱中園でパツションフルーツ栽培をしている
濱中俊夫さんは、「JA八王子パツションフルーツ生産組合」の
メンバーとして、商品開発にも力を入れている。

上の画像をタップする
八幡さんと増田さんは、7月6日から浜中園のパッションフルーツの
受粉や剪定作業の手伝いも行ってきたようで、
その収穫作業が始まった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2021年07月30日

久しぶりに立ちよった「ゆっくり農縁」は、一面柔らかい草の中にあった、


あきる野市高尾の河村卿子さんから、サギソウの花が咲いた
というので、同じあきる野市の石川敏之さんに案内して頂こうと
「ゆっくり農縁」で待ち合わせをした。

ゆつくり農縁は、テレビ朝日の「人生の楽園」で紹介されたが
石川さんの取り組みが、ストーリーになっていた。
あれ以来久し振りだ。

農縁の端にある、隣の栗園にたくさんの栗がなっていた。





1-1.JPG

上の画像をタップする
当ブログでは、小学生向けに栗の雄花と雌花の写真を撮って、
紹介しているが、あれから一か月でこんなに大きな栗になった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月29日

三鷹市で、地元大学生を交えて、都市農業による身近な地域交流を推進する海老原雄一郎さん。


先日、田辺一郎さんのお宅で、「東京の農と暮らしを守る。まちなか農家」〜地域に根をはり未来を作る、青いツナギの戦士たち〜、のポスターが貼ってあり、後継者の田辺陽介さんが写っていたことを紹介した。

ポスターの一番下段に、支援者として、”海老原雄一郎「TOKYOたまものスイーツ」” が記されていたので、久しぶりに電話をしてみた。

海老原さんは、江戸東京野菜コンシェルジュ9期生として、普及にも尽力されている。





1-1キュウイ.JPG

海老原さんは、5年前まで「TOKYOたまものスイーツ」の菓子店を経営していたことから、三鷹の果樹農家から購入したもので、焼き菓子を作って販売していた。

島田果樹園(島田芳造園主)の後継者・穂高さんと懇意にしていて、
「島田さんの畑はとても丁寧に手入れされていて、本当に美しいです‥!」とは海老原さん。
因みに芳造さんは、2020年の東京都知事賞を受賞している。

上の画像をタップする

三鷹市で、都市農業の応援団として、三鷹の農業後継者で、江戸東京野菜を栽培している冨澤剛さんとは、畑にも行ったりしているようで、冨澤さんが出席した、東京ファーマーズイノベーション2019では、海老原さんにお会いしている。

ハンドルネームが「農のある暮らしをする雀」


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2021年07月28日

河村さんの話し聞きながら、菜園でとれた野菜を美味しく頂いた。


サギソウの花が咲いたというので、あきる野市高尾の河村卿子さんの
お宅に伺ったことは報告したが、

河村さんは、伝統野菜が好きで、
外国産も含めて固定種の野菜を栽培している。

前回は、留原エンドウの栽培状況を見せていただいたが、
この時期は何を栽培しているのか、
サギソウの写真も撮り終えたので話題は、野菜になった。






1-1-1.JPG

五日市地区の河村さんは、檜原村に近いことから、檜原村の友人から
昨年「むかしキュウリ」としてもらった種を
今年蒔いて、出来たと云って、見せてもらった。

石川敏之さんも、私も
江戸東京野菜の白岩(しらや)ウリではないかと思った。

上の画像をタップする
白岩ウリの場合、まだ若採りで、倍ぐらいの大きさになって収穫する。
河村さんは、切って食べさせてくれた。

種は若かったが、香りはよく味わいは白岩ウリだった。
檜原の鈴木留次郎さんに確認する必要がある。

もう一つ檜原の友人からもらった野菜(右下)は何なのか、
これも鈴木さんに聞いてみようと思っている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月27日

練馬区大泉の村田農園で江戸東京栽培をしている渡邉和嘉さんに話を聞いてきた。


江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉和嘉副代表が、
先月行われたNPO法人江戸東京野菜コンシェルジュ協会の
総会で理事に就任した。

これまで、当研究会では副代表として育種等を担当されてきたので、
協会としても必要な人材なので、承認された。

日差しが厳しい中、先日、電話をすると
今日は大泉の村田農園にいるというので、寄ってみた。





1-1-2.JPG

東京大越(オオシロ)ウリも、果実をつけていた。

上の画像をタップする
東京大越ウリは、渡邉さんの御尊父
渡邉正好氏が奈良漬加工用に改良した固定種。

村田農園では村田芳子さんが栽培しているもので、
かつて当ブログで紹介していた。

練馬では他に、加藤淳さんや相田さんが栽培している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2021年07月26日

木村先生から引き継いだ伝統の世田谷産「サギソウ」の花が咲き始めた。


今年の5月にあきる野市高尾の河村卿子さんの栽培している、大型のエンドウ「留原エンドウ」を見に行ったことは報告したが、

河村さんが、庭の陽だまりにサギ草の鉢を並べていたのを見つけて聞くと、河村さんの実母は、1960年代、鷺草保育会、鷺草愛好会の会長などを歴任し、講習会を開いたり、NHKの趣味の園芸で講師として出演していた木村なほ先生で、「サギソウの観察と栽培」の著書もある。

お母さんが40年、河村さんが引き継いで10年栽培を続けている武蔵野種は、世田谷産のサギソウで、三軒茶屋の友人が、ご自身の所有地の田圃から採ってこられたとの、話が伝わっている伝統のサギソウだという。






1-1.JPG

世田谷原産の、サギソウの特徴を、河村さんに伺うと、「白鷺が羽を広げて飛び上がったように」花弁が水平ではなく、斜め上を向いている。さらにジャスミンのような香りがする。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月25日

三鷹ファームを運営する岡田源治さんにお会いしたが、都市農業の役割は地域のためにあることを実践していた。


先日、三鷹市北野の田辺一郎さんのお宅に伺ったことは、紹介したが、田辺さんのお宅と1番地違いのお隣さんに岡田源治さん(72歳) が住んでいることは知っていたので、寄ってみた。

私が現役の頃は、バリバリの後継者で、同い年の須藤正敏さん(前JA東京中央会会長)などと、都市農業を守るための活動を展開していた。

都市農業、都市農家の思いは、当時と変わらず、都市農業の役割は地域の方々のためにあることを、実践していて、「(株)三鷹ファーム」を結成している。

新鮮野菜も地域に還元している他、朝のラジオ体操の会場に屋敷地を提供したり、三鷹消防少年団の指導者として団長を務めて地域に貢献している。





1-1-4.JPG

畑は、屋敷周りと、少し離れたところを含めて1ha、ハウスは全部で8棟とのこと。

この時期栽培しているのは、トマト、キュウリ、ナス、枝豆、玉ねぎ、ジャガイモ、長ネギ、アスパラガスなど、年間30数種類とか、ブルーベリー、栗、柿などの果実もある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月24日

三鷹市大沢で生き延びていたワサビが、貴重な在来種で、しかも日本の固有種だったことが分かったと、朝日の夕刊が報じていた。


先日、新聞に大沢の箕輪さんのわさびの記事が、朝日新聞夕刊のトップに出ていたが、読んだ!、と田辺一郎さんに聞かれたがなんのことだか、怪訝な顔をしていたら、新聞を持ってきてくれ、新聞を読むまでもなく、記事の内容を話してくれた。

三鷹市大沢の箕輪さんのお宅では、昔から屋敷内の国分寺崖線から湧き出る水を使って、わさび栽培をしてきて、神田市場にも出荷していたとは、私も聞いていたが、まだ栽培していたとは田辺さんも知らなかったようだ。






1-1-1.JPG

上の画像をタップする

国分寺崖線は、国分寺市の日立製作所中央研究所の周辺から湧き出す湧水を集めて野川となり、三鷹市大沢から深大寺境内、さらに都立農業高校神代農場から、二子玉川で多摩川に合流している。


ワサビ田の話を聞いて、東八道路を通っての帰り道、箕輪さんが市に寄贈した古民家に寄ってみた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月23日

三鷹市北野の田辺一郎さんから、誘われていながら、7年振りに伺った。


三鷹市北野の田辺一郎さんは、現役の頃から都市農業を守る運動で、互いに励ましあっていたが、

6-7年前にのらぼう菜を栽培していると聞いたので電話をしたことがあったが、「来いよ!」と言われて、その内に行きますと云っていたが、行っていなかった。

三鷹市中原の星野直治さんのところには寺島ナスでお世話になっているので、今年も3月と5月に伺っている。

田辺さんは、星野さんと一緒に後継者グループの一人として活動していて、当時、この時期はトマトをたくさん栽培していて、多摩青果に出荷していたのを覚えている。






1-1.JPG

久しぶりの再会だった。
梅雨も上がり、暑い日となったが、大型の扇風機をつけてくれたので、涼しい風に救われた。

奥様の春枝さんに、アイスコーヒーなどお気遣いをいただいたが、猛暑の中お手伝いに来てくれていた援農ボランティアの皆さんも、加わった。

上の画像をタップする
前に伺ったときは先代もお元気だったので畑は1.3haだったそうだが、その後相続などで現在は82aだという。

そんなところに、後継者の陽介さん(田辺さんの右隣)が、三鷹市緑化センターから帰ってきた。

今日、出荷したのは、トマト、枝豆、大長ナス、ズッキーニ、ジャガイモ、ブルーベリー、アスパラガス、空心菜だという。

陽介さんは、後継者となって15年目で、三鷹市の農業後継者グループが制作した「東京の農と暮らしを守る。まちなか農家」のポスターが、壁に貼ってあったが、堂々前列左から2人目にキャベツを持って映っていた。

現在、三鷹江戸東京野菜研究会のメンバーで、冬から春に向けて、のらぼう菜を作っていると、当ブログでも紹介している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2021年07月22日

「新・江戸蕎麦ごちそう帳」シリーズ第3回は寺島ナスを使った《寺島なす竜田揚げそば》に決定しました。


コロナ禍が続く中、堀井良教社長の提案で
「蕎麦屋さん&生産者さんを支援する会」が結成され、

「新・江戸蕎麦ごちそう帳」シリーズが始まり、6月に更科堀井で
江戸東京野菜を何にするかで、寺島ナスが選ばれていた。


メニューについては、林幸子先生に色々と考えていただいて、
試食会が20日14時半から、南青山のアトリエグーで行われた。






1-1.JPG

14時前にアドリエグーに、一番乗りだったが、すでに林先生は、
寺島ナスを二つに切って、粉をまぶしているところだった。

上の画像をタップする
第3回は寺島ナスを使った《寺島なす竜田揚げそば》に決定しました。

竜田揚げの特徴、衣はカリっとして、揚げた寺島ナスの特徴は、
トロッとして、この二つの食感が味わえて旨い。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2021年07月21日

東京オリンピックも2日と迫ったが、不安材料が山積という状況下、出場選手には罪はない、選手一人ひとりに声援を送り、感動を味わいたい。


東京オリンピックも2日と迫って、テレビ各局とも過去の日本選手の活躍を放送して盛り上げているが、

ここにきて、開会式で楽曲の作曲担当が、世論の怒りで辞意表明、開会式はできるのか?、

さらに大会関係者に感染者が相次ぎ、南アのサッカー選手や、英国陸上チーム濃厚接触者と判明したりと、不安材料が山積という状況だ。





1-1.JPG

先日、青山まで行く用事があったので、一つ先の外苑前で下車して、オリンピックミュージアムのモニュメントエリアに寄ってみた。

上の画像をタップする

1964年東京大会の聖火台(縮尺3/4)、1972年札幌大会聖火台(縮尺3/4)、1998年長野大会聖火台(縮尺1/2)が、設置されていた。

近代オリンピックの提唱者、ピエール・ド・クーベルタン像と。
「日本体育の父」と呼ばれる嘉納治五郎像も、



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2021年07月20日

風媒花の「とうもろこし」について、渡邉さんに手伝ってもらった。


栗の雄花は知っていても、雌花は見たことがないという生徒がいて、質問をされたことがあったので、ブログで紹介している。

雌雄異花のトウモロコシについても紹介しようと思っていたが、渡辺和嘉さんが江戸東京野菜を栽培している練馬の村田農園に、若いトウモロコシがあったので手伝ってもらった。





1-1.JPG

トウモロコシを紹介する渡邉さん。

上の画像をタップすると渡辺さんの説明。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月19日

今年もノウゼンカツラの花が良く咲いている。


7月16日に関東甲信地区の梅雨が明けた。
我が家のノウゼンカツラの花が2輪咲いたのは、
梅雨入りの6月14日だった。

その後、花は毎日のように増えていきましたが、

雨が降ると、ボト、ボトと音を立てるようにして花は落ち、
毎朝、沢山落ちているから、掃除するのが日課になっている。





1-1.JPG

今年1月までは、googlemapにランドマークのように掲載されていた。
しかし、googlemapは今年2月に撮影された冬の景色に更新され、
味気なくなってしまった。

上の画像をタップする

2019年は7月で花は終わったが、9月中旬から再び花が咲き始め
寒くなるまで咲いていた。そんな年もあった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境

2021年07月18日

練馬区大泉で、内藤カボチャに内藤トウガラシを栽培している加藤晴久さんを訪ねた。


練馬の加藤晴久さんは、毎年内藤カボチャと内藤トウガラシを栽培してくれているが、しばらくご無沙汰しているので、様子を見たいので電話をしてみた。

何度か電話をしてみたが出ないので、いなくても畑の様子はわかっているので、直接畑に行ってみた。

畑の脇に、加藤さんの軽トラが止まっていた。
畑の道路に面したところに直売所があって、その奥で収穫期だった枝豆の葉をむしっていた。
忙しくて、電話に出る暇がなかったようだ。





1-1.JPG

内藤カボチャの様子を聞いてみた。
連作障害を防ぐため、毎年栽培場所は変えていて、今年は畑の北側で栽培しているという。

また、加藤さんは「内藤とうがらしプロジェクト」の生産部門を受け持っているが、
昨年は10周年記念で、南新宿ビルで「内藤とうがらし10th Anniversary 〜感謝&新宿エールの日〜」が開催された。

先日は、成田重行代表をはじめとするメンバーが来て草むしりをしていったという。


続きを読む

2021年07月17日

足立区農業委員会が実施している「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」、今年度最後の種の伝達式は、千寿双葉小学校で行われた。


足立区農業委員会(荒堀安行会長)が実施している、「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」の、今年度最後の種の伝達式は、千寿双葉小学校で行われた。

千寿双葉小学校の所在地は隅田川と荒川に挟まれた千住大川町で、隅田川にかかる千住大橋より、荒川にかかる千住新橋に近く、足立区の中でも早く市街化された地域。

北千住駅で待ち合わせて、足立区農業振興係の篠崎勉係長、築出大典さんとで千寿双葉小に向かった。
農業委員会からは、荒堀会長に、内田宏之委員、吉田勉委員が対応された。






1-1.JPG

三宅文夫校長は、「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」は、今年で7年目と紹介したが、第一期は3校で、千寿双葉小、栗原北小、平野小で行われ、当時三宅校長は栗原北小学校の校長だった。

上の画像をタップする

千寿双葉小の千住ネギは歴史を重ねている、来年の新4年生に種を伝えることが君たちのミッションだと話された。

続きを読む

2021年07月16日

小平市でルバーブ栽培をしている宮寺光正さんに話を聞いてきた。


檜原村の鈴木留次郎さんが、村の特産としてルバーブを栽培しているが、小平市にも10年前から栽培している宮寺光正さんに話を聞いた。

宮寺さんは、江戸東京野菜の復活の初期から取り組んでいただいているが、その頃ルバーブの栽培も始めたようだ。

長野県から導入したというので、詳しく聞いてみると、南諏訪の友人を訪ね遊びに行ったときに、ルバーブを栽培している友人が作ったジャムを頂いてすっかり気に入って、固定種のビクトリアを10株ほど分けてもらったという。

ルバーブは、夏でも涼しい地域に向いていて、小平では6月上旬から梅雨明けの7月中旬までが収穫期で、暑くなると枯れてしまうという。
また、涼しくなる10月になってから、再び芽を出し12月上旬までが収穫期になるという。





1-1.JPG

上の画像をタツプすると動画

宮寺さんは、株分けをしながら栽培していて、現在20株ほど栽培しているという。
JA東京むさしの小平ファーマーズマーケット・ムーチャン広場に出荷している。

収穫期には300gの束を5束ほど、毎日出荷していてもその日に売り切れるという。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年07月15日

足立区立保木間小学校の4年生が「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」で5年生から種を受け取り蒔いた。


足立区農業委員会(荒堀安行会長)が足立区立の小学校を対象に実施している「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」は、今回は区立保木間小学校で開催された。

足立区の小学校は2015年に3校で始まったが、2018年に西伊興小に次いで、2019年から同校は始まっている。

足立区の小学校が行っている取り組みは、各方面から注目されていて、昨年は、校庭で行ったが、農林中金総合研究所の田口主任研究員と古江主任研究員が取材に来られて、

その内容は、経営実務誌10月号に掲載された。






1-1.JPG

同校の金泉隆一校長は、4月に着任され、千住ネギの授業は初めてということだったが、地元の伝統野菜・千住ネギの命をつなぐ授業については、ご理解をいただいていた。

上の画像をタツプする。

荒堀会長からは、命をつなぐ授業が同校の伝統になっていることを、生徒たちに伝えた。

尚、金泉校長から、私を含め、農業委員会の荒堀会長をはじめ、農業委員会の宇佐美一彦委員、横井善彦委員、農業振興係の篠崎勉係長に築出大典さんが紹介された。



続きを読む

2021年07月14日

「ぎんなんネット活動の歩み」が、30周年記念誌として、このほどようやく刊行された。


東京都農業振興事務所では、農家女性の地位向上のために、東京都内の農家女性をまとめて「東京都農家女性グループ連絡研究会」を、昭和59年(1984)に結成したが、平成12年にぎんなんネットに改名し、平成26年(2014)に30周年を迎えた。

ぎんなんネットのメンバーは、30年誌を発行するため、原稿や写真をまとめて事務局に預け、平成27年度の発行を目指していたが、このほどようやく送って頂いた。





1-1.JPG

会員組織の一つ、「八王子のぎくの会」では、同じ平成27年に、会員の力で記念誌を発行しただけに、

30年にわたる農家女性の活動記録が東京農業の歴史から欠落しまうのは避けなければならないと、
会長を初めとする会員女性の思いは強く、事務局(都)に要請してきたようだが、ようやくこのほど発行に結び付いた。

上の画像をタップする

改めて、会長の挨拶や目次を見るとその活発な、活動内容がわかる。

当ブログでも紹介しているが
農作業事故をなくすためのハッピーリングの作成作業。(2011年1月)

活動は広がりを見せ、ハツピーリングを全国に広がった。(2012年11月)

ぎんなんネット学習会で寺島ナスの生産農家星野農園へ。(2015年6月)

ぎんなんネットの調理実習も充実していた。(2017年3月)


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2021年07月13日

7月7日(水)、瑞穂町郷土資料館で「棚田米でいただきます 精進料理教室 ―江戸東京野菜―」の体験が行われた。


東京都瑞穂町の郷土資料館で、江戸東京野菜を紹介するイベント「伝統農耕芸を探る」が行われていることは、先日紹介したが、

7月7日(水)の10時半から「棚田米でいただきます 精進料理教室 ―江戸東京野菜―」の体験が行われた。

実施に当たって、寺島ナス、馬込半白キュウリの苗を手に入れる手段を教えてほしいというので、寺島ナスは三鷹の星野直治さんを、馬込半白キュウリについては、国分寺の小坂良夫さんを紹介した。

ただ、栽培が難しければ、生産者も紹介すると伝えていた。

チラシをよく読まずに、当日は伺うつもりでいたが、体験室の都合で8名限定、参加の申し込みが必要だったのだ、残念!!

そこで、担当の橋本満智子さんが、写真を送ってくれた。






1-1.JPG

やはり、栽培は間に合わなかったようで、料理教室で使うために寺島ナスは立川の清水丈雄さんを紹介したし、馬込半白キュウリは、苗ばかりか、半白キュウリも小坂さんから購入したようだ。

上の画像をタップする

講師には、深大寺の僧侶・緑川明世さんを迎え、佐渡棚田米と江戸東京野菜を使った精進料理の指導をしてもらっている。

深大寺と云うと深大寺そばで、今年は新型コロナ禍の影響で、昨年12月に深大寺在来をそばにして味わう「深大寺そばを味わう集い」も中止となった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年07月12日

足立区立西伊興小学校5年生の、江戸東京野菜の「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」が始まった。


足立区農業委員会(荒堀安行会長)では、地元の江戸東京野菜「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」を、区内の小学校6校で行っていて、これまで栗島小学校と、栗原北小学校で実施してきた。

今回は、西伊興小学校で、午後からの授業ということで、東武線竹ノ塚駅で荒堀安行会長、事務局の農業振興係の篠崎努係長と担当の築出大典さんと待ち合わせて車で伺った。

同校の金田耕一校長は、4月に着任されたが、昨年までの同校の取り組みを調べ準備されていた。





1-1.JPG

当日は、朝方雨模様であったために、種まきは体育館に、班ごとのプランターが準備されていた。

上の画像をタップする

開会に当たって、金田校長から種の伝達式の説明があり、当日地元農業委員会の荒堀会長をはじめ
鈴木博利農業委員、横山恭臣農業委員、事務局の皆さんを紹介した。

荒堀会長からは地元の名前の付いた千住ネギは美味しいネギで、後輩たちに伝えていく重要性を話された。



続きを読む