2021年07月03日

足立区立栗原北小学校の4年生が、5年生から受け継いだ千住ネギの種で「命をつなぐ千住ねぎ栽培授業」を行った。


足立区立の小学校では、足立区農業委員会(荒堀安行会長)の要請があって、2015年から地元足立の伝統野菜「千住ネギ」の復活栽培を通して「命をつなぐ千住ねぎ栽培授業」を行っている。

今回、農業委員会からは、荒堀会長の他、鹿濱コ雄委員、寳谷実委員

足立区の産業振興課農業振興係・濱中正二主任、築出大典さん、
川合真由さんが、フォローした。

栗原北小学校(吉田益巳校長)では、栽培から、収穫した千住ネギを食べる食育授業まで行っていることから、今年度の204回国会提出の農林水産省・令和2年度の食育推進施策の資料にも掲載されている。






1-1.JPG

農業委員会の作ったねスケジュールに沿って
「命をつなぐ 千住ねぎの栽培授業」が行われた。

上の画像をタップする
吉田校長は「種の伝達式」に触れ、
学校では入学式、卒業式に次ぐ、大切な式典です。

5年生が栽培した千住ネギの種を受け取って、
4年生が栽培することの重要性を生徒たちに伝えた。

また、荒堀会長からは、交配種と伝統野菜の違いについて、
分かりやすく話された。



続きを読む