2021年07月04日

新宿のビルの谷間に石畳が敷かれた緑の小路 「新宿遊歩道公園 ”四季の路”」を歩いた。


先日、新宿の花園神社の近くにコックコートを買いに、
行ったが、西武新宿駅から歩いて向かった。

新宿伊勢丹側の花園神社の鳥居のところに、
江戸東京野菜の農業説明板「内藤トウガラシとカボチャ」があるが、

そこまで行く手前に、ビルの谷間に、石畳が敷かれた緑の小路
「新宿遊歩道公園 ”四季の路”」がある。
この道が出来た頃は、新宿に勤めていたので一度来たことがあった。

小ぶりの雨は降り続いていたが、濡れた石畳を歩いてみた。






1-1.JPG

この道、新宿を始発とする路面電車が靖国通りから大久保車庫に
向かう回送用専用軌道として利用された引込み線専用軌道敷跡だ。

1964年に開催された東京オリンピックの前の年、
マイカーが普及していたから、交差点などで交通渋滞が発生し、
その元凶とされ、また地下鉄の発達で不採算となり廃止が決まった。
それから、順次廃線が始まり1970年には、荒川線を残して廃止された。

上の画像をタップする
1974年『新宿遊歩道公園“四季の路”』が完成した。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報