2021年07月08日

国分寺市の小坂良夫さんの農産物が、地元「セブンイレブン」に販売コーナーができている。


国分寺市の小坂良夫さんのお宅は、
先代が東京ウド栽培のリーダーだった。

良夫さんの時代になって、江戸東京野菜の馬込半白キュウリや
谷中ショウガを栽培していて、今は後継者の知儀さんも
頑張っているから心強い。

その小坂さんの農産物が国分寺駅に一番近い南三丁目の
「セブンイレブ」で販売されている。
同店のオーナーからコーナー設置の要請があり
「小坂農園直売所」が協力したもの。

設置に直接は関係ないが、
小坂さんとセブンイレブンジャパンの永松文彦社長は、
国分寺の小学校で同級生だという。これもご縁だ。






1-1.JPG

満点! 青空レストランに家族で取り上げられていた。

その時に、番組のアシスタントディレクターに撮ってもらった
家族の皆さんのいい写真だ。


上の画像をタツプする
小坂農園直売所に、その家族写真が貼ってある。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達