2021年07月15日

足立区立保木間小学校の4年生が「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」で5年生から種を受け取り蒔いた。


足立区農業委員会(荒堀安行会長)が足立区立の小学校を対象に実施している「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」は、今回は区立保木間小学校で開催された。

足立区の小学校は2015年に3校で始まったが、2018年に西伊興小に次いで、2019年から同校は始まっている。

足立区の小学校が行っている取り組みは、各方面から注目されていて、昨年は、校庭で行ったが、農林中金総合研究所の田口主任研究員と古江主任研究員が取材に来られて、

その内容は、経営実務誌10月号に掲載された。






1-1.JPG

同校の金泉隆一校長は、4月に着任され、千住ネギの授業は初めてということだったが、地元の伝統野菜・千住ネギの命をつなぐ授業については、ご理解をいただいていた。

上の画像をタツプする。

荒堀会長からは、命をつなぐ授業が同校の伝統になっていることを、生徒たちに伝えた。

尚、金泉校長から、私を含め、農業委員会の荒堀会長をはじめ、農業委員会の宇佐美一彦委員、横井善彦委員、農業振興係の篠崎勉係長に築出大典さんが紹介された。



続きを読む