2021年07月17日

足立区農業委員会が実施している「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」、今年度最後の種の伝達式は、千寿双葉小学校で行われた。


足立区農業委員会(荒堀安行会長)が実施している、「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」の、今年度最後の種の伝達式は、千寿双葉小学校で行われた。

千寿双葉小学校の所在地は隅田川と荒川に挟まれた千住大川町で、隅田川にかかる千住大橋より、荒川にかかる千住新橋に近く、足立区の中でも早く市街化された地域。

北千住駅で待ち合わせて、足立区農業振興係の篠崎勉係長、築出大典さんとで千寿双葉小に向かった。
農業委員会からは、荒堀会長に、内田宏之委員、吉田勉委員が対応された。






1-1.JPG

三宅文夫校長は、「命をつなぐ千住ネギ栽培授業」は、今年で7年目と紹介したが、第一期は3校で、千寿双葉小、栗原北小、平野小で行われ、当時三宅校長は栗原北小学校の校長だった。

上の画像をタップする

千寿双葉小の千住ネギは歴史を重ねている、来年の新4年生に種を伝えることが君たちのミッションだと話された。

続きを読む