2021年07月28日

河村さんの話し聞きながら、菜園でとれた野菜を美味しく頂いた。


サギソウの花が咲いたというので、あきる野市高尾の河村卿子さんの
お宅に伺ったことは報告したが、

河村さんは、伝統野菜が好きで、
外国産も含めて固定種の野菜を栽培している。

前回は、留原エンドウの栽培状況を見せていただいたが、
この時期は何を栽培しているのか、
サギソウの写真も撮り終えたので話題は、野菜になった。






1-1-1.JPG

五日市地区の河村さんは、檜原村に近いことから、檜原村の友人から
昨年「むかしキュウリ」としてもらった種を
今年蒔いて、出来たと云って、見せてもらった。

石川敏之さんも、私も
江戸東京野菜の白岩(しらや)ウリではないかと思った。

上の画像をタップする
白岩ウリの場合、まだ若採りで、倍ぐらいの大きさになって収穫する。
河村さんは、切って食べさせてくれた。

種は若かったが、香りはよく味わいは白岩ウリだった。
檜原の鈴木留次郎さんに確認する必要がある。

もう一つ檜原の友人からもらった野菜(右下)は何なのか、
これも鈴木さんに聞いてみようと思っている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境