2021年09月02日

「東京の名湧水57選」のNo27、昭島市の龍津寺から湧く清水を楽しむ遊歩道が整備されている。


昭島市の龍津寺は、曹洞宗のお寺で、天文年間(1532年〜1555年)に創建され、本堂天井板絵55面と杉戸絵16面は、昭島市指定有形文化財になっている。

寺(玉應山龍津寺)は、多摩川に沿った崖線の上に建っていて、崖から流れ落ちる湧水は「東京の名湧水57選」のNo27に選ばれている。

この湧水は、室町時代から拝島村から9ケ村を潤していたが、明治44年に多摩川からの取水堰が完成すると、用水として当寺の湧水も集めて流れている。






1-1.JPG

上の画像をタップする。
お寺の南側が崖になっていて
石段を下りていく(写真右下)と用水が流れていて、
沢山の緋鯉が泳いでいた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境