2021年10月03日

深大寺在来そばの台風16号による被害は最小限でとどめられた。


台風16号が29日頃から北上し、1日には八丈島が暴風域に入り、
1日の夕方から、暴風圏が東京の一部にかかるような予報だったから、一晩中作物に影響が無ければよいがと祈っていた。

強い風だと、背の高い庭の皇帝ダリヤは倒されてしまうのだか、
2日目が覚めて確認したら、影響がなかったので、ほっとした。

しかし、心配していたのが、「深大寺在来そば」の圃場で、
先日当ブログで紹介したが、土寄せをした、神代植物園圃場と、
深大寺南町1丁目の富澤功次さんの圃場はまだしも、

国宝白鳳仏殿の建設予定地の圃場は、深大寺一味会の
林田堯瞬事務局長(僧侶)の話では、お彼岸明けの時間の
空いているところで、院内で行う予定と聞いていたから、
心配していた。






1-1.JPG

神代植物公園圃場と、深大寺一味会が共催で実施している圃場は

上の画像をタップする
しっかりと土寄せを行っているから、被害は少なく、
北側の一部で倒れがあったぐらいだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ