2021年10月12日

井之口さんからの早稲田ミョウガをTJGの野口校長にお渡しした。


東京女子学院高等学校のフードカルチャー(FC)コースで、
江戸東京野菜の伝統小松菜(ごせき晩生)の栽培として
27日に播種を行ったことは報告した。

2日後に、かわいい芽が出たと喜びのメールをいただいていたが、

9日後の6日18時に送って頂いた写真では
徒長した小松菜が写っていた。




1-1.JPG

上の画像をタップする
調理室の窓際に置いていたが、陽が当たっていなかったようで、
7日に、栽培指導をしている渡邉和嘉さんが、
南側にある教室の窓辺に置き直したという。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組