2021年10月29日

東京の食材にこだわるミクニマルノウチの黒石シェフが、「カラフル野菜の小山農園」を訪ねて見えた。


先代清さんが取り組んできた野菜栽培を「カラフル野菜の小山農園」のブランドで、調理師資格を持つ三佐男さんは、料理人目線で
野菜を導入したことで、1haの農園は見違えるように変わった。

メディアでもちょいちょい取り上げられて、映像としても
色とりどりの野菜が紹介されるから、消費者からも注目されている。

都心のホテルのシェフ仲間でも口コミで利用者が増えているが、
江戸東京野菜をはじめ、東京の食材にこだわっている
ミクニマルノウチでも、三佐男さんが「カラフル野菜」に
取り組み始めたころから仕入れているが

黒石智裕シェフが 栽培現場を見たいというので、
西武立川駅で待ち合わせをして、案内した。







1-1-5.JPG

椛田支配人も見ておきたいと言っていたが、先約があったようで
黒石シェフには合わせることができなかったようだ。

上の画像をタップする
まず、自宅回りの小山農園に案内頂いた。
紅しぐれ大根(写真右上)

中までグリーンのビタミンダイコン(写真左下)
カリーノケール(写真右下)、

結球前の紫白菜(写真中下)、
皮がむける赤かぶの「もものすけ」との白カブの「サラダラティーナ」(写真左上)



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜