2021年11月10日

長崎県対馬市の畑島教諭から地域に伝わる "仁田芋" と "元気芋" の食育事例を教えていただいた。


5月のZOOMで開催した「全国伝統野菜教育サミット」で、長崎県からは対馬市の「仁田芋のカリキュラム開発への挑戦」として、畑島英史教諭が発表されたが、教諭から写真添付のメールを頂いた。

対馬は、現役の時に伺ったことがあるが、緑の無人の島が無数に浮かんでいたのを記憶している。

メールには
先週のことになりますが,仁田地域の共同農地において栽培しているサツマイモの収穫を行いました。その際,農業指導者の方から「仁田芋を使って芋煮会をやってみないか」と言われ,あわてて準備して実施できました。

この仁田芋ですが,里芋の品種である「赤芋」が原種らしく,それを長年にわたって根付いて、「仁田芋」と呼ばれる伝統野菜になっていったようです。
」とあった。

教育サミットでは「仁田芋について」として、発表されている。





1-1.JPG

仁田地区は,対馬一の流域面積を誇る仁田川の流域,特にデルタ地帯で仁田芋の栽培が広がっていました.

デルタ地帯ゆえ,大雨の際,幾度となく氾濫し,自然と畑に粘土質の沃土が溜まっていき,サトイモ栽培に適した土地となっていたようです。
大竹さんが言われたように「食べないと続かない」という意見に,とても共感いたします。

学校の一教員としても,伝統野菜を栽培し,それを食し,栽培意欲を高めることができるように教育活動に入れ込んでいきます。


上の画像をタップする

仁田芋に肉、ニンジン、大根、ネギなど、生徒たちは ”旨い!” と言っているようでもあり、隣に語り掛けている児童もいる。
黙々と味わっている児童もいて、この味は思い出と共に次代に伝わっていくでしょう。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月09日

多摩地域1次産業体験日帰りモニターツアーに、江戸東京野菜のガイドとして参加した。


今年の6月に、農協観光協会の前場大樹さんから、秋に江戸東京野菜の
収穫体験や酪農の見学にTOKYO Xを食べるなどの企画を検討していて、
その節は宜しくとのメールを頂いて、手帳に書き込んだ。

その後東京オリンピックの開催の中で、新型コロナの感染が拡大して、
緊急事態宣言も出るなど、前場さんの話は忘れていた。

そんな中で、10月中旬に、チラシができたとメール添付で頂いた。
「北南多摩地域1次産業体験 日帰りモニターツアー」というもので
〜生産者のおもいよ届け! また会いたくなる北南多摩ツアー〜
とサブにあった。





1-1-1.JPG

1
1月6日(土)、JR東小金井駅8時50分、農協観光協会の伊藤紅理さんと
佐藤百夏さんの添乗で出発した。

上の画像をタップする
車内で主催者挨拶として、多摩観光推進協議会事務局の
坂井智子さん(業務支援員)が挨拶をされた。

小金井公園の駐車場に着いたところで、車内でのオリエンテーション。
江戸東京野菜について話すように伊藤さんから紹介された。

小金井市は、小金井公園に江戸東京たてもの園があり、
江戸からの住宅などが移築されている。
また、東京農工大学には、繊維の博物館があり
江戸からの衣類が残っている。

衣食住の内、無いのは江戸からの食で、それなら江戸東京野菜を
農家に栽培してもらえは、江戸からの衣食住が
学べる都市になるということで、江戸東京野菜を農家に
栽培してもらうことになった歴史がある。

勿論、江戸東京野菜が食べられる飲食店もある。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年11月08日

亀戸香取神社の福分け祭りに向けで、栽培が始まっていた亀戸界隈。


毎年3月の2週目の日曜日に開催される亀戸香取神社の福分け祭りと、
それに先立って開催される亀戸大根の収穫祭は、
2000年に地元の小学校7校で始まったが、20年の経過の中で、
統廃合もあったが、中学校に幼稚園が加わり、
JR亀戸駅をはじめ、アトレ亀戸店、東武亀戸駅なども加わって
大きなイベントになっている。

亀戸駅ビルの「アトレ亀戸店」では、
山田智士さんが企画した2017年から参加しているが、
まだやっているのか電話をすると山田さんは、本社にお勤めで、
亀戸店に連絡しておいてくれるという。

香取神社の収穫祭には、2017年から2019年までは奉納して
参加していたが、新型コロナの感染拡大を受けて、
2020年、2021年は栽培していたが、福分け祭りは中止された。

今年度、2022年3月の福分け祭りは、感染防止策を実施することで
福分け祭りの開催は可能となっている。
しかし、今後の感染の様子を注視していかなければならない。






1-1-5.JPG

アトレ亀戸店では、担当の安念ひとこさんが、
山田さんから連絡を受けて、待っていて案内してくれた。

上の画像をタップする
亀戸香取神社の収穫祭に参加するのに、アトレのお客様に種まきを
してもらうイベントを実施していた。

「楽しく学べて、アトレ亀戸で、思い出を作ってください」
会場は、アトレ8階「そらいどひろば」で亀戸大根の種を播種した。

土の中に埋まったお宝を探し出す「宝さがしタイム」や
亀戸大根について、一緒に学ぶ「お勉強タイム」も実施。

【日時】2021年10月9日(土) ※雨天時、10月16日(土)に延長
    @11:00〜12:30 A14:00〜15:30
【対象】5歳〜小学生以下のお子様 ※親同伴必須。
【定員】各回7名様の14名が参加された。
亀戸大根種植え付けイベントは、満員御礼だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2021年11月07日

三鷹市の大沢のワサビが希少な在来種であることがDNA鑑定で分かったが、さらに詳しい記事が出た。


「三鷹市の古民家保全地域で栽培されているワサビが、
希少な在来種であることがDNA鑑定で明らかになった。」という
記事が朝日新聞夕刊に掲載されたのは7月6日で
井上恵一朗記者が取材していた。

江戸東京野菜では「奥多摩ワサビ」が指定されているが、
大沢のワサビは、まさに江戸東京野菜と云っていい。





0-1.JPG

上の画像をタツプする。
10年前の話だが、昭島でも鈴木理夫さんが、屋敷の裏で
ワサビを栽培していたので、これも調べてもらう必要がある
と思っていた。

そんなところに、日本農業新聞の木村泰之記者が、朝日の記事を
深堀取材していて、深大寺そば「門前」店主の浅田修平さんにも
話を聞いている。

私が聞いた話だが、浅田さんは昔大沢のワサビが栽培されていた頃、
「箕輪さんのワサビの葉を使って浅漬けを作った」と
聞いている。

松本清張は「門前」の2階で、「波の塔」の一説を書いたという。

清張は、虹鱒料理が好きだったようで、「門前」では
都立農業高校神代農場で育成した虹鱒を使っていた。

浅田さんは、97歳の宗一郎さんの写真を見て、ご健在を喜んでいた。
大沢のワサビも、現在、神代農場で栽培が始まっただけに
期待も大きいわけで、浅田さんは何か温めているようだ。


続きを読む

2021年11月06日

昭島市立中神小学校の、3年生が栽培する伝統小松菜は寒さに向かって力強く成長していた。


昭島市立中神小学校(松井茂校長)の、3年生担任の小山教諭から、
江戸東京野菜の話を依頼されて、
9月30日にお話したことは報告したが、
生徒たちからはお礼文のファイルも頂いた。

同校では4年生になってから、地元の伝統野菜「拝島ネギ」の栽培
をすることは決まっているが、3年生も何か栽培したいというので、
伝統小松菜と青茎三河島菜の種を提供していた。

30日の翌週の授業で、種は蒔いたようで、1ヵ月経過した11月5日、
杉本幸司副校長から写真添付のメールが送られてきた。





0-1.JPG

小山教諭は、同校の菜園の指導管理をされているようで、
写真を見て驚いた。

上の画像をタップする
伝統小松菜が、トンネルの中で、元気よく生育していた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月05日

第50回東京都農業祭の農産物品評会が2日3日、一般都民等を非公開にして実施された。


東京都農業祭が今年も新型コロナの感染拡大で、
一般公開を行わない形で実施された。

非公開については、新型コロナの拡大を防ぐことから
東京都はオリンピツク時には中止を決定していた。

しかし、生産者の栽培技術の向上を目的の一つにしていることから、
農業経営者を対象に、今年度は「明治神宮」が会場となった。





1-1.JPG

上の画像をタップする
11月2日に、東京都農林水産振興財団(農総研)の研究員などによって
審査が行われた。
出品点数は、野菜が793点、花卉119点、果実204点、
キノコ、玉子、農産加工、植木など459点の1252点で結果、
農林水産大臣賞2点、東京都知事賞9点が決定した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2021年11月04日

足立区立栗島小学校の3年生が、地元の伝統野菜・千住ネギの定植授業を行った。


足立区農業委員会が、足立区立の小学校を対象に実施している
「命をつなぐ千住ネギの栽培授業」は、今年から
栗島小学校(淵脇薫校長)の3年生 が加わり、6月に播種が行われた。

夏休み明けには、定植ができる状態だったが、天候や学校行事等で
11月になってしまったが、2日に定植授業が行われた。





1-1.JPG

農業委員会からは、荒堀安行会長と地元からは、吉田勉委員の2人、
足立区産業振興課農業振興係からは、篠崎努係長と
係員の築出大典さんと、川合真由さんの3人が対応した。

上の画像をタップする
荒堀会長の挨拶で、苗の抜き方について説明があった。
吉田委員は、大きくなった苗を抜いて見せた。



続きを読む

2021年11月03日

東京女子学院高等学校の菜園に、江戸東京野菜が発芽したというので様子を見に行ってきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)では、23日の授業で、練馬大根をはじめ、亀戸大根、
品川カブに、牛乳パック栽培で残った伝統小松菜の種を蒔いていた。

10月30日に保積先生からは発芽したと、練馬大根の
写真添付メールを頂いた。





1-1.JPG

送って頂だいた練馬大根の双葉写真。

メールには
本日畑に行ってみましたらたくさん芽が出ており、感動しました!
とあった。

保積先生は、今週は校外学習等で、学校にはいらっしゃらないという
ことだったが、畑の状況を把握しておきたいので、
2日、栽培指導をしている渡邉和嘉さんとで伺い、
小笠原事務長にお願いして、菜園に入らせてもらった。

上の画像をタップする
播種した、江戸東京野菜の全てが、芽生えていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2021年11月02日

「あきる野市のゆっくり農縁」で、裸足でウォークキング&収穫祭」が、31日に開催された。


「あきる野市のゆっくり農縁で、裸足でウォークキング&収穫祭」が
31日にあると、園主の石川敏之さんに教えてもらった。

31日は、雨が降るという予報が出ていたので、出かける前に
電話をして確認したが、予定通りだという。

ウォーキングインストラクターのMAKOさんは、数年前から
時折来ては石川さんの「ゆっくり農縁」を手伝っていたが、
その中で、耕した畑を裸足で歩き回ったりしていた。






1-1.JPG

MAKOさんは、一般社団法人日本ウォーキングインストラクター協会
認定の プレシャスウォーキングインストラクターで、ブログでは
〜MAKOの美しく歩くことで、自分で自分をつくる。〜
のキャッチがある。

上の画像をタップする



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2021年11月01日

小学校以来、10月28日の目黒不動「薩摩芋の収穫祭」に行ってみた。


10月28日は、目黒不動の「薩摩芋の収穫祭」だから行こうと思って
いた
が、丁度、雨で順延になった北千住にある小学校での授業
28日に行われた。

目黒と千住では、東京都の南と北の方角違いだったが、
「北千住駅」から「大手町駅」乗り換えで「不動前駅」まで
1回の乗り換えで着くことが分かった。





1-1.JPG

目黒区下目黒3丁目に住んでいた頃は、お不動産の裏門から入って
いたので、目蒲線不動前駅で下車したのは初めてだったが、
お不動産の近くまで来ると、賑やかな商店街を形成していた。

上の画像をタップする
白井権八と遊女小柴の比翼塚が通り際にある。
白井権八は本名平井権八で、鳥取藩の武士で、遊女小柴に迷い、
辻斬りをして処刑されている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 農のある景観と環境