2021年11月03日

東京女子学院高等学校の菜園に、江戸東京野菜が発芽したというので様子を見に行ってきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)では、23日の授業で、練馬大根をはじめ、亀戸大根、
品川カブに、牛乳パック栽培で残った伝統小松菜の種を蒔いていた。

10月30日に保積先生からは発芽したと、練馬大根の
写真添付メールを頂いた。





1-1.JPG

送って頂だいた練馬大根の双葉写真。

メールには
本日畑に行ってみましたらたくさん芽が出ており、感動しました!
とあった。

保積先生は、今週は校外学習等で、学校にはいらっしゃらないという
ことだったが、畑の状況を把握しておきたいので、
2日、栽培指導をしている渡邉和嘉さんとで伺い、
小笠原事務長にお願いして、菜園に入らせてもらった。

上の画像をタップする
播種した、江戸東京野菜の全てが、芽生えていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組