2021年11月10日

長崎県対馬市の畑島教諭から地域に伝わる "仁田芋" と "元気芋" の食育事例を教えていただいた。


5月のZOOMで開催した「全国伝統野菜教育サミット」で、長崎県からは対馬市の「仁田芋のカリキュラム開発への挑戦」として、畑島英史教諭が発表されたが、教諭から写真添付のメールを頂いた。

対馬は、現役の時に伺ったことがあるが、緑の無人の島が無数に浮かんでいたのを記憶している。

メールには
先週のことになりますが,仁田地域の共同農地において栽培しているサツマイモの収穫を行いました。その際,農業指導者の方から「仁田芋を使って芋煮会をやってみないか」と言われ,あわてて準備して実施できました。

この仁田芋ですが,里芋の品種である「赤芋」が原種らしく,それを長年にわたって根付いて、「仁田芋」と呼ばれる伝統野菜になっていったようです。
」とあった。

教育サミットでは「仁田芋について」として、発表されている。





1-1.JPG

仁田地区は,対馬一の流域面積を誇る仁田川の流域,特にデルタ地帯で仁田芋の栽培が広がっていました.

デルタ地帯ゆえ,大雨の際,幾度となく氾濫し,自然と畑に粘土質の沃土が溜まっていき,サトイモ栽培に適した土地となっていたようです。
大竹さんが言われたように「食べないと続かない」という意見に,とても共感いたします。

学校の一教員としても,伝統野菜を栽培し,それを食し,栽培意欲を高めることができるように教育活動に入れ込んでいきます。


上の画像をタップする

仁田芋に肉、ニンジン、大根、ネギなど、生徒たちは ”旨い!” と言っているようでもあり、隣に語り掛けている児童もいる。
黙々と味わっている児童もいて、この味は思い出と共に次代に伝わっていくでしょう。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組