2021年11月11日

TJGフードカルチャーコースの皆さんが播種した江戸東京野菜に本葉が出てきた。


東京女子学院高等学校(野口潔人校長)のフードカルチャー(FC)コース
(保積栄理教諭)の菜園に播種した江戸東京野菜が、
発芽したというので、確認しに出かけたことは報告した。

生徒さんは勿論のこと、担当の保積教諭も江戸東京野菜の栽培は
初めての取り組みなので、何か問題が発生したらその都度、
臨機応変に対応していくスタンスで取り取り組んでいる。






1-1.JPG

今回の授業は、江戸東京野菜の発芽状況の観察と、
追肥に霜よけなどを行う予定だ。

上の画像をタップする
牛乳パックで、伝統小松菜の栽培を行っているが、生育状況の観察、
また菜園における発芽状況との比較。

品川カブ、練馬大根、亀戸大根の発芽状況の観察を行い。
霜よけ対策のネットを張ることも行った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組