2021年11月17日

練馬区の冬の風物詩「練馬大根引っこ抜き競技大会」が今年も開催される


今年で、第15回を迎える練馬大根引っこ抜き競技大会は、
練馬区立の小中学校の生徒に、江戸東京野菜の「練馬大根」を
食べさせるために

12月5日(日)の9時30分から正午までの予定で開催され、
6日月曜日の学校給食で食べられる予定だ。

この競技大会は、練馬区独立60周年記念大会のイベントとして、
第1回、第2回と大泉の村田農園で開催されたが大会は定着。

3回大会から石神井地区、練馬地区、大泉地区の順で開催されて、
今年度は石神井地区で開催される。



1-1-4.JPG

令和3年度の練馬大根引っこ抜き競技大会は、
選手権の部・グループの部、各競技が開催されますが、
今年も多数のお申し込みをいただき定員に達している。

あと19日で競技大会だが、このところの暖かさで、
練馬大根も更に太く、長く成長するだろう。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根