2022年03月05日

港区立エコプラザで「江戸東京野菜から考える未来の食卓」を依頼されて話してきた。


港区立エコプラザから、江戸東京野菜の講演を依頼されたのは、
昨年の9月だった。

これまで、港区で江戸東京野菜の話をさせていただいたのは、
2019年に三田図書館、2020年は高輪図書館で、2021年にもと
港区の江戸時代の農業なども盛り込んでお話をさせていただいた。

今回、港区立エコプラザからの依頼は、港区にこだわらず、
江戸に集まった野菜の種が、江戸の環境の中で、今日受け継がれ、
更に持続可能な食生活に生かされている事例を紹介した。
特に練馬大根、伝統小松菜、寺島ナス、早稲田ミョウガの、
食文化についても紹介した。





1-1-1.JPG

上の画像をタップする
会場は、時節柄、ディスタンスをとっての講座だったが、
主催者が期待した人数は来ていただいた。

今回は、SDGsの視点も加えながらだったので、企画プロデューサーの
堀信さん
、研究会の大浦さん、亀島さんも勉強に参加された。


SDGs は、2015年9月 国連サミットで持続可能な開発目標を2030年に
達成を決定しているが、残り10年を切ったところで話題になっている。

東京では2011年から、地産地消や食糧自給の観点から環境負荷の
少ない野菜として、江戸東京野菜の栽培授業で行われてきた。

上の画像をタップする




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等